FC2ブログ

韓国Wi-Fiルーター「ワイドモバイルポケットWI-FIレンタル」使える?

この前の韓国滞在中、初めてWiFiルーターレンタルしてみた。

私はスマホは持っていても、もう10年ほど電話契約もしないし、基本的にSIMを入れて使うことはない。出掛けたらWiFiが使える場所でしか使えないスマホだ。

去年までは韓国の家にもネットを引いていたが、冬に留守にする前に家のネットを解約した。ゴンさんは一応携帯にシムを入れてあるが月1GBとかいう使えないやつ。

だから2人で韓国に居る間、安いWiFiルーターを借りてみることにしたのだ。WiFiルーターなら2人で共有できるからな。

検索しまくった結果、最安値だった「WiFi Take-Out (와이파이도시락)」のWiFiルーターをネットから予約申請した。「ワイドモバイルポケットWI-FIレンタル」でソウルナビやユートラベルノートにも日本語案内がある。【韓国】LG/KT 4G LTEポケットWiFiレンタル (仁川/金浦/大邱/清州/金海空港受取)・毎日1GBまで高速接続

1日3,000ウォン、6日以降は2,250ウォン、手数料なし。16日間レンタルで39,750ウォン。この時のレートでは3,976円、1日あたり249円だ。

受け取り場所と返却場所は、空港以外にソウル市内の事務所でも可能で、受け取りは事務所で返却は空港という風に設定した。

クレジット決済を完了させるとエラー画面が出るというのを5回ほど繰り返し、最終的に決済が完了しないまま、仕方ないので予約は諦めた。

しかし翌日、ゴンさんの電話にSMSで予約完了のメッセージが来た。私へのメールはネットが使えないせいで見ていなかった。ゴンさんの電話番号入力してなかったら気付かなかった可能性ある。

クレジットカード利用状況を確認したら、3,976円の請求が5回。全部決済完了されたことになっていた…



予定していた予約日を1日過ぎてから、事務所を訪問。



確認はしていないが、日本語が通じる雰囲気ではない。



こちらのオフィスのカウンターで、経緯を説明をして、一旦全てのクレジット決済をキャンセルしてもらった。そして再度クレジットカードを渡して最初からやり直し。

そして、なんとかWi-Fiルータをレンタルすることができた。めんどくさかった…

1日あたり300円以下で2人で使えるなら安いと思い、試しに借りたが、勘違いしていた。無制限だと思っていたが、1日1GBを超えるとそれ以降はスピードが遅くなるというやつだった。

まあ全く家でもネットが使えないよりはマシ。でも多分もう使わんかな?他に安く無制限でネット使える方法無いかな?【韓国】KT Olleh 4GポケットWi-Fiレンタル:インターネット使い放題(韓国各空港受取)

関連記事

検索フォーム

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国ソダム出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

2019年4月〜韓国ソダム出版からゴンさん(박건우)の新刊「느리게 천천히 가도 괜찮아」出版。タイトルの日本語訳は「のんびりゆっくり行っても大丈夫」です。私たち日韓貧乏夫婦の台湾一周徒歩旅行記(韓国語版)です。

月別アーカイブ

フリーエリア