水原(スウォン)でおいしいカルビの有名店「佳甫亭(カボジョン)」

水原(スウォン)といえば、なぜかカルビ。

とにかく、水原に来たらカルビを食べるというのが定番らしい。

ゴンさんが、ガイドの仕事で水原に来た時に食べ、おいしかったというおすすめのカルビ屋さんへと案内してくれました。

コネスト→佳甫亭(カボジョン)

3号店に駐車場があります。もちろん駐車料金は無料。



隣の2号店に入ります。



道路を挟んで1号店があります。



お店の外にもメニュー表があります。平日4時までなら焼肉定食が20,000ウォンくらいです。



こんなに広いお店が3店舗もあるとは、凄いです。しかも何階建て?



他のお客様の焼くカルビの匂いが食欲をそそります。

焼肉はさすがにお値段が張りますね~誰かにご馳走してもらいたいです。

私たちの注文するメニューは、最初から決めてあったカルビタン、4人前。

バンチャンはこんな感じ。



カルビタンもすぐに運ばれました。



こちらのお店、スタッフの教育をしっかりとされているんでしょうか?

器の置き方ひとつを取っても、他の韓国の食堂とは違ってがさつじゃない!

しかも、サラダをガツガツ食べてたら「もう少しお持ちしましょうか」と聞いてくれるし、その聞き方も優しい!

カルビタンはスープの中にごろごろと骨付きのお肉が入っています。骨から身を取り外すのは少し面倒ですが、身の量が多い。もちろん味も最高ですよ。



1人前10,000ウォンで、ご飯もセットです。もちきび入りのご飯なので、もちもち。キムチは辛かったです。

食事に10,000ウォンは私たちにとっては安くないんですが、他のメニューに比べてのお得感、そして日本並の接客が受けられたので、結果10,000ウォンは安い!

安いメニューを注文しても、平等に接客してくれて、しかもお会計は4人できっちり40,000ウォンでした。チップやサービス料を要求しないところもいいですね~♪

海外でちょっと綺麗なレストランで食事すると、黒い表紙の付いた伝票出されること多いですよね。私はあの黒いパタパタが大嫌い。対した接客もせず、黒いパタパタにレシート挟んで持って来るな!と思うんです。話がそれました。

【佳甫亭(カボジョン)】
住所:京畿道水原市八達区仁渓洞958-1
電話:031-232-3883
時間:11:30~22:00

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR