サンティアゴ巡礼旅を振り返って

サンティアゴ巡礼旅が終わって、ソウルに戻り1週間ほど経過しました。足の痛みはかなりマシになったとはいえ、内くるぶし下あたりがまだ微妙に痛いです。

私がサンティアゴ巡礼路を歩こうと思った経緯。サンティアゴ巡礼ツアーにゴンさんが添乗員として同行することになり、夫婦で行く約束をしていた中国旅行がキャンセルに。それで、私はツアー客として、同じツアーに参加したというわけです。私がサンティアゴ巡礼路を歩こうと決めた1番の理由は、ゴンさんと一緒にいたいから。はい、夫依存症です。

ツアー参加者は20代~60代の14人、そのうち私だけが日本人、そして添乗員がゴンさんというメンバー。聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路はいくつかあるが、私たちが歩いたルートは最もポピュラーな「フランス人の道」。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmを歩いた。レオンで1日休息日があったので、実際に歩いた日数は32日間。

サンティアゴ巡礼旅を振り返ってみて思うこと。正直、ツアーに参加したのは失敗だった。スケジュールに縛られ、自分のペースで歩くことができなかった。1日20km以上歩く日がほとんどで、多い日は30km以上歩かなければならなかったし、休みたくても休みなく毎日歩かなければならなかったのは、本当につらかった。ツアー参加者(特に高齢者)との共同生活もストレスが多かった。

ゴンさんにとっては仕事なので、ピリピリしていた。ストレスが溜まったゴンさんに何度もキレられ、夫婦仲が悪くなり、離婚まで考えた。もう少し時間が経てば、またこの気持ちは変わるとは思う。実際、今はかなり落ち着いた。

私の場合は特殊なので、日本の旅行会社でツアーに参加すればまた違うだろうし、一概にツアー反対というわけではありません。3回に分けて行くツアーや最終100kmを歩くツアーがあるみたいですが、100kmを歩くだけでもかなり満足できそうです。800km歩いてみて、ほとんど毎日同じことの繰り返し、風景もさほど変わらないので、途中から飽きてきました。

15人のうち全行程を徒歩で踏破したのは9人。荷物を全行程背負って歩いたのは2人。でも他の人に荷物を預けていたらしいので、正確にはゴンさん1人のみ。私は全行程踏破しましたが、1度だけ荷物宅配を利用しました。最初からそのつもりで、全行程荷物宅配を利用した人もいました。

巡礼路を歩く上で重要なのが、靴選びと荷物の軽量化!靴が合っていないせいで足が痛くなる、荷物が重すぎて足が痛くなるというパターンが多かったです。準備の段階でかなり慎重に装備を準備しましたが、持っていってよかったもの、持っていけばよかったものなど、行ってみて気付いたことを次回紹介します。引っ張ってすみません。

検索フォーム

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR