サンティアゴ巡礼7日目

【巡礼7日目】9月28日(水)
Los Arcos(ロス・アルコス)→Logroño(ログローニョ)28km

本日、長距離の28kmを歩くため午前6時出発。しかしメンバーのうち5人はバスで行くだと。なんとあのファン君もバスを選んだ。そろそろ疲れがピークなのでバスに乗りたい気持ちは良くわかるが、私は我慢。できれば最後まで歩き通したい。

ロス・アルコスを出ると、しばらく平坦で歩きやすい道が続く。真っ暗闇の空に星が輝いている。

夜明け前、振り返ると空のグラデーションと月がまた美しい。



ロス・アルコスから約8km地点サンソル。綺麗な村で休憩。この時点で、いつも歩く距離が残っているなんて…今まで歩いたことは忘れよう。



綺麗そうなアルベルゲもあるし、ここで飲んだコーヒーもおいしいし、今度はこの村に泊まりたい。また来る気?



18km先のビアナはもう少し大きい町。ビアナの聖堂前の通りには小さなスーパーマーケットや薬局、バルなどが並んでいる。ここの薬局では、スモールサイズの筋肉痛用クリームが売っていたので、私とゴンさんそれぞれ1本ずつ購入。



ログローニョまで何もない。



州が変わり、リオハ州の最初の街は州都ログローニョ。美しい橋を渡り中心地に向かいます。ログローニョは都会で、大きなスーパーマーケットがある。



アルベルゲに着いたらまずはシャワーと洗濯。歩いている時に考えることといえば、早くアルベルゲでシャワーと洗濯を済ませてご飯食べたい…そればっかり。

ゴンさんと出掛ける時間だけが楽しみ。どこの町にも聖堂がある。



ケバブのチェーン店のようなところでご飯。たくさん注文しすぎたので、残ったハンバーガーは翌日の朝食用に取っておく。



アルベルゲは1人12ユーロ。ここでもベッドに寝る向きで問題が起こった。何かしらいつも小さなことからイザコザが起こっていて頭痛い。



眠いし、脚の痛みが絶不調…今日が1番きつかった。明日はさらに長い29kmだ。

関連記事

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR