チェンナイ

関空を出発して約30時間後の1月15日の夜、やっとチェンナイ空港に到着。

クアラルンプールの空港で乗り継ぎの待ち時間が16時間もあったので、市内に出る交通費と宿代を浮かせるため空港で寝ました。今までもよく空港のベンチで時間を潰したけど、前にあったベンチがほとんど取り外されていました。

駐車場の係員に許可をもらい、駐車場の芝生にテントを張って寝ました。襲われたりしないか最初は少し警戒したけど、何事も無く朝まで熟睡。

国内線の方へずっと歩いて行くと市内行きバス乗り場の奥に安いフードコートがあります。

P1030260_india1.jpg

エアアジアの機内に持ち込める手荷物は7kgまでのバッグとパソコンは別にして小さめのバッグのみOK。搭乗前に重さをチェックされ、私のが7kgちょっと、ゴンさんのは10kg以内。少し位のオーバーは見逃してもらえるみたいですが、さすがに10kg以上は無理っぽいです。

クアラルンプールからチェンナイまでは、約5時間のフライト。機内はすでにインド人の臭い…

チェンナイの空港を出て地下道を渡った駅から市内へ郊外列車があり便利です。空港からエグモア駅までは6ルピー。

P1030300_india1.jpg

エグモア駅で降り、地球の歩き方でチェックしていた宿に行ってみると満室。

1時間以上探し回り、やっと決まった宿はトイレと水シャワーが共同で蚊が多い汚い宿…

交渉して300ルピーでした。

P1030307_india1.jpg


マリーナビーチに行ってみました。

P1030470_india1.jpg

お昼ご飯は、地球の歩き方に載っていたインド人に人気のレストラン。

P1030479_india1.jpg

エビカレー1人分とチャパティ4枚のお会計が宿代より高い420ルピー!
びっくりするほど美味しい訳でもなくびっくりな値段でした。

P1030480_india1.jpg

エグモア駅前の食堂で食べた朝ご飯は安くておいしかった。
インド風おかゆポンガル35ルピー。

P1030363_india1.jpg

レストランからスペンサープラザまでオートリクシャで移動しました。乗る前に2人で30ルピーと交渉したのに、着いてから「1人30ルピー、2人だから60ルピーだ!」と言う運転手。

運転手と揉めているとインド人が集まってきました。私たちの味方になってくれると思いきや運転手の味方。

60ルピー払うのはどうしても許せず50ルピー払いました。60ルピーってたったの120円なんだけどね…嘘つきは嫌い!

チェンナイは大した見どころが無いし、物価も高く、良い思い出も少ないので、もう来なくてもいい街に決定。

2泊でプリーに移動します。切符はセントラル駅の外国人窓口でTATKAL(前日に発売される緊急用切符)をゲットしました。

関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR