仁川空港を満喫しよう!

仁川空港に早めに到着したので、ラウンジで朝食をいただきます。まずは「HUBラウンジ」へ。仁川空港出国フロアの3階から4階へ上がったところにあります。



プライオリティ・パスを所有していれば無料で利用可能。プライオリティ・パスが無くても有料で利用可能。



食事コーナーには、サラダ、スープ、揚げ物、ご飯類まで幅広く揃っています。







ドリンクコーナーも充実。ソフトドリンクはもちろん、アルコール類もビールやワインなどが無料で飲み放題。



私の朝食です。



続いて「HUBラウンジ」と同じフロアにある「MATINAラウンジ」へ。4階は東と西のエリアに分かれていますが、東西に同じ施設が同じレイアウトで配置されています。4階のラウンジ前にはトランジット客用の施設が揃っており、パソコン、シャワー、マッサージチェアなどすべて無料。ソファで仮眠されている方も結構います。



マティーナラウンジは空港のトランジットホテルと併設されていています。入口の受付で航空券とプライオリティパスを提示して中へ。

マティーナラウンジにはシャワー室があります。私は仁川空港を利用する時は、だいたいこちらのシャワーを利用させていただいています。ちなみにマティーナラウンジ近くにトランジット用無料シャワー室がありますが、乗り継ぎチケットが無い場合は有料で利用可能。

マティーナラウンジの受付でシャワー使用希望の旨を伝えると、シャワー室のドアの暗証番号をを渡されます。鍵を開けて入ると靴を脱ぐスペース、洗面スペース、シャワー室があり、荷物を置くスペースも十分で使いやすいです。何より暖かい!



バスタオル、フェイスタオル、石鹸、シャワーキャップ、綿棒とコットン、コームを準備してくれてあります。



ドライヤーもあります。



備え付けのシャンプーもあります。シャワーヘッドを掛けるフックの位置はもう少し考えて欲しかったと思います。ドアの隙間からちょうど外に飛び出してしまう。



シャワーを浴びてスッキリしたら、今度はマティーナラウンジのお食事をいただきます。






私の昼食です。ティーウェイ航空では機内食は有料ですので、ラウンジで無料で食べておかないと。とはいえ、さっき朝食をいただいたばかりなので、あまり食べられません。



仁川空港出国フロア3階に韓国の伝統文化を体験できるコーナーがあります。工芸体験コーナーでは、日替わりで版画や絵付け、紙工芸、螺鈿細工など無料で工芸体験ができます。



この日の工芸体験は韓紙の小物入れです。こちらの体験は所要時間30分ほどかかるため、時間に余裕があれば可能です。



仁川空港には、プライオリティパスで利用できるラウンジは6つあります。「HUBラウンジ」と「MATINAラウンジ」は、メインターミナルの搭乗口11番・42番付近から4階に上がるとあります。コンコースAには、搭乗口119番付近に「アシアナ航空ビジネスクラスラウンジ」と搭乗口115番付近に「大韓航空KALラウンジ」があります。

今回紹介したラウンジはプライオリティ・パスを所有していれば無料で利用できます。食事もアルコールも無料、WiFiも快適に使えます。

プライオリティ・パスの年会費は399ドルですが、楽天プレミアムカードを持つと無料で所有できちゃいます。飛行機によく乗る方には本当におすすめ!

楽天プレミアムカードは年会費10,800円(税込み)ですが、現在最大15,000ポイントをもらえるキャンペーン中なので、1年間だけお試しで持ってみてもいいかもしれませんね。



楽天プレミアムカードはゴールドカード相当のクレジットカードなので審査が不安という方もいるかもしれません。ちなみにゴンさんは審査に通りませんでした。私は最初に年会費無料の一般カード「楽天カード」を作り、実績を積んだ後に楽天プレミアムカード切り替えました。

楽天カードも年会費無料で利用付帯の海外旅行保険付き!楽天市場でのショッピングでは特にポイントが貯まりやすく、お得なクレジットカードです。



ついでに、裏技としてはハピタスに登録し、ハピタス経由で楽天カードを申し込むと、ハピタスポイントもダブルでもらえてお得だと思います。残念ながら楽天プレミアムカードはハピタスからポイント獲得できないです。

私、ハピタスでも結構ポイントいただいていますよ。本当におすすめ!

ハピタスでは、ただいまお友達紹介キャンペーン中!こちらのバナーからハピタス登録すると初回交換後にもれなく1,000ptプレゼント!※2017年4月30日までの交換申請が対象となります。※2016.12.22~2017.03.31

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR