南投ランタンフェスティバルとサンドアート

台湾でこれまでも何度かグリーントンネルと呼ばれるところがあったが、集集線沿いの道路も「グリーントンネル」が続いている。



集集線の有名な「集集駅」もひと目見たかったけど、この日は車で近くを通れないよう通行止めになっていた。「集集駅」も1999年921大地震で倒壊し、元の姿に再建された駅。ここにはいつかあまり人がいない時に集集線に乗って行ってみたい。

車の後部座席で居眠りしてしまっている間に、到着した場所は南投のランタンフェスティバル会場。



会場がとても広い。あっちではサンドアートが見られるそう。明るいうちにまずはサンドアートの会場へ。



ランタンフェスティバルは入場無料なのに、サンドアートフェスティバルは入場料が1人150元。全部お金を出してくれようとするので、ここは払わせてもらった。



砂の彫刻を見るのは人生初。なかなか私たち2人だけで見に行こうと思わないので、人に連れて行ってもらえたおかげで見ることができた。まず、この場所に自力では来れそうにない。









とにかく凄い数のサンドアートがある。



暗くなったので、ランタンの方へ移動。



酉年にちなんで巨大な鶏。



こんなになくても…と思うほど膨大な数のランタン。多過ぎて全部は見られなかった。







こんなに歩くと思っていなかったのに、台湾に来てから、日本にいた時よりかなり動いている。

それにしても、いつも台湾人の親切さは半端ない。この日連れて行ってくれた台湾人は前日に会ったばかりだというのに、なんでこんなに優しくしてくれるんだ。いつか韓国に行きたいと言っていたけど、同じように良くしたい気持ちはもちろんあるけど、実際にもし何日間か案内をすると想像したら正直しんどい…

関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR