忘れられない台湾の味「藍家割包」の豚角煮まん

台湾で食べたおいしくて忘れられない食べものの1つ割包(グワパオ)を紹介します。割包とは中華まんの中に豚の角煮などを挟んだ角煮まんのようなものです。

MRT公館駅の近くにある「藍家割包(ランジャーグワパオ)」。店内で食べることもできます。



お肉の脂身と赤身の割合で、肥肉(脂身)、瘦肉(赤身)、綜合(脂身と赤身半分ずつ)、綜合偏肥(脂身多め)、綜合偏瘦(赤身多め)から選びます。この時、テイクアウトの注文が中国語でできなかったので指差し注文しました。



フカフカの中華まんの中に、豚肉、高菜、ピーナッツの粉、香菜がどっさり。作り立てホカホカでめちゃくちゃおいしいです!



おいしかったものはほとんど、滞在中に2回食べました。1回目は1人で食べて、どうしてもゴンさんにも食べさせてくて、2回目はゴンさんと一緒に。

この向かい側の「陳三鼎」の青蛙撞奶(タピオカミルク)も超おすすめ!次回ご紹介します。

この日の夜、割包の注文に必要な中国語を習いました。教えてくれたのは台湾人のマーク君。めちゃくちゃええ奴です。

脂身と赤身半々の割包を1個買う時は「綜合割包請給我一個(ゾンファグアパオチンゲイウォイークォ)」と言えばオッケー!



【藍家割包】
住所:台北市羅斯福路3段316巷8弄3號
営業時間:11時~24時

関連記事

コメント

台湾人のマーク君

香港だとジャッキーチェンとかブルースリーみたくジャッキーとかブルースみたいな英語系ファーストネームが人名になるのはイギリスの支配下にあったので分かりますけど、台湾はマーク君とかビビアンスーみたく、日本の植民地支配下なのに英語系ファーストネームの人も多いのは何故なんでしょうか?
韓国も日本の植民地支配下にありましたけどペ・ヨンジュンさんがブルース・ペみたいなセカンドネームがあるとは聞いたことがありません。

Re: 台湾人のマーク君

カイカイ様こんにちは。
台湾人の友人たちの本名は漢字ですが、外国人には名前が覚えられないので、ニックネームがあります。
なぜか韓国人の若い人たちも(よく海外に行く人だけかな?)英語っぽいニックネームをつけている人多いです。
非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR