「ブリーズライト」とダイソー製品「鼻腔拡張テープ」比較

花粉症の症状が酷くて、このところ良く眠れない。昼間はまだマシだけど、寝ようとすると鼻が詰まって息が苦しいので、口で息をするしかなく、喉がカラカラになって死にそう…

夜中に、試供品のブリーズライトがあったことを思い出し、試してみた。貼った瞬間から鼻がスースー通るようになった!

しかし、ブリーズライトは高い…




ダイソーで、ブリーズライトの類似品を発見。しかも、3枚108円~子供用7枚108円まで4種類の品揃え。



とりあえず、大人用6枚入りを2種類購入。それぞれ中身を出してみたよ。

こちらは商品名「鼻腔拡張テープ」。安心の日本製。プラスチックバーは1本入っているタイプ。色はグレーっぽい。



1枚ずつ個包装の「鼻腔スッキリテープ」。2本のプラスチックバーが入った肌色のテープはブリーズライトと似ている。



3種類を並べて比較してみた。1番下が使用後のものしか無かったが…ブリーズライト。そして、上の2種類はダイソー製品。ダイソーの「鼻腔スッキリテープ」は見た目はブリーズライトにそっくりで期待したのだが、粘着力が弱くすぐに剥がれてくるので、さらに上から絆創膏を貼って使った。皮脂を拭き取ってから貼るとマシになるけど、結局皮膚が痒くなって剥がしてしまった。



ダイソー製品のもう1種類「鼻腔拡張テープ」は、粘着力が強めで剥がしにくい。でもブリーズライトよりは粘着力は弱め。

鼻腔拡張テープを貼れば呼吸は楽になるけど、正直、連日貼り続けるのは肌に良くなさそう…薬は最悪の状況になるまでは飲みたくないし、鼻詰まりを我慢するしかないのか?

探したら色々な鼻腔拡張グッズがある。試してみたいけど、鼻の中に装着するタイプにはまだ手を出す勇気が無い…これどうなんだろう?







関連記事

コメント

鼻うがい

生理用食塩水とスポイトで鼻うがいやると良いみたいですね。
http://wakuwakutuhan.jp/hot/hanaugai.html
マルコムXの自伝でも鼻うがいを推奨していました。

Re: 鼻うがい

カイカイ様おはようございます。
そういえば、鼻うがいが良いと聞いたことがあります。これも抵抗がありますが試してみます!
ありがとうございます^ ^
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR