1泊167円で宿泊したホテルの評価

安宿をネットで予約することまずないけど、今回はあまりにも安い宿を勢いで予約。→朝食付き167円のホテル予約した

ベトナム・サパの中心部から最短距離で約10kmほどのところにある「Stunning Homestay」。宿までの道はずっと絶景続きで最高です!



ベッドの寝心地はとても良かったけど、マットレスを板張りの床に直置きだったこともあり、宿泊者の歩く足音がとにかくうるさかった。欧米人は足音については気遣いができないようで、皆さんドスンドスンと地響き立てて歩く。あれは文化なのだろうね。何回かビックリして目が覚めたわ。

あと、蚊帳が無いので、蚊にも何度か起こされた。それに掛け布団、見た目は清潔だが体臭の匂いがした。

さらに残念だったのが、予約の際、朝食無しか朝食付きかで迷った末、奮発して59円高い朝食込みを予約したのに、実際には朝食は込みではなかった。朝食無しの素泊まりなら100円以下なのに!



じゃあ59円の差額はなんなのだ…こんなことなら朝食無しを予約すれば良かった。



というわけで、朝食は有料でいただきました。野菜オムレツとコーヒー、しめて65,000ドンのところ、ディスカウントしてもらい60,000ドン(300円)。



宿のスタッフは親切で、押し売りなどもありませんでした。



近所の子供が時々物売りにやって来ますが、かわいいですね。







関連記事

コメント

オムレツはしっかり芯まで焼く。

写真みた感じだとオムレツは芯までしっかり両面焼いてあるかたい感じですね。
日本は卵の鮮度管理洗浄がしっかりしているから生卵の卵かけご飯は勿論、オムレツも生焼けのレア状態でフワフワなのが食べられますが、海外のオムレツは両面しっかり焼いたベリーウェルダン状態なのがデフォルトなんでしょうか?
そういえば福田恒存さんが韓国訪問エッセイで、韓国の朴正熙大統領と会食したときに出されたオムレツも両面芯までしっかり焼いた焦げ目の付いたオムレツだったと書いていましたね。

Re: オムレツはしっかり芯まで焼く。

カイカイ様こんにちは。卵は日本が1番安心して食べられます。韓国の卵なんて、最近では10個400円〜500円くらい、しかも古くて殻が汚い…ベトナムはまだマシです。この度のオムレツは油まみれでした。
非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR