ソウル厚岩洞(フアムドン)の日本家屋カフェ「ANARCHY BROS(アナーキーブロス)」

続いて向かった先は、マチノさんに教えていただいたカフェ。マチノさんは「マチノアルキ」という街歩きイベントを時々されている街歩きの達人!→韓国アート散歩

カフェがある場所は厚岩洞(フアムドン)。地下鉄4号線スクテイック(淑大入口)駅から徒歩5分くらい。ソウル駅から1駅なので、ソウル駅からも徒歩圏内。



日本家屋を改装したカフェへ。この建物だけを切り取ると、まさに日本!



入口を入ると、意外に今風。左の階段は昔のままか。カウンターのような作りになっているが、注文は右奥のカウンターへ。店名は「ANARCHY BROS CAFE & PUB」?「アナーキーブロス」とはどんな意味だろう?



ピカピカのマシーンは、コーヒー豆を焙煎する機械?



注文カウンター。



飲み物のメニュー豊富。アメリカーノは3,500ウォン。価格設定に店主の優しさが表れている。



私この人割と好きなタイプ。表情に優しさが溢れ出ている。それと今気付いたが、私はロン毛が割と好き。許可なく写真アップしたこと、今度行って謝ろう。



2階建ての建物を広々と使って客席が用意されている。









2階も広々。



元々押し入れだった空間もカフェスペースとなっていて、もちろんとてもくつろげる。



こんなカフェ、近所にあったら通いたい。



実際の所在地は、フアムドンの隣。

【아나키브로스(アナキブロス)】
住所:서울 용산구 두텁바위로1길 36복사(갈월동 52-4)
電話:070-4069-6356

関連記事

コメント

パンクですかね?

確かアメリカ映画でもロン毛ってアナーキーやパンクのシンボルだった時代があって、アメリカ映画『イージーライダー』では、ロン毛の人物が保守的な南部地域をバイクで旅行中に、地元の保守的なオヤジたちから襲撃されて殺されてしまうシーンがありました。

Re: パンクですかね?

そんな雰囲気かもしれませんね。
アナーキー(支配されない)ブロス(兄弟)?
この店名が気に入りました。
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR