ベトナムのマッサージ

ベトナムではマッサージが安く受けられるとのことで、ジョタン行きつけのマッサージ屋さん「NEW SUN SHINE」へ。気に入ってハノイ滞在中に2回マッサージを受けたので、1回目と2回目の写真が混じっています。



基本料金は、60分120,000ドン(約600円)、90分140,000ドン(約700円)、120分170,000ドン(約850円)との記載。



3階建くらいで、たくさん部屋がある。



薄暗い個室へと案内されました。1部屋にベッドが4台。



マッサージ用の着替えが用意されています。わかりやすいよう拡げてみた。男性は上半身裸、女性はショートパンツの上に後ろを紐で結ぶタイプの服。



1回目は着替えなかったけど、2回目は素直に着替えた。



本当は裸の上に着るんだって。タイ古式マッサージの場合はゆったりした服装であれば施術に支障はないんだけど。マッサージを受けたら着替える必要性が理解できた。指圧系のマッサージとオイルマッサージをミックスしたようなマッサージだからだ。



薬草足湯をしながら、顔にきゅうりパックをしてもらいます。



顔面にきゅうりのスライスを貼り付けて、10分ほどパック。きゅうりパックは希望を聞いてもらえるので、メイクしている方は断ることもできます。



マッサージ嬢の制服は、白いシャツに超ミニスカート。パンチラを期待してガン見したが、ミニスカートの中パンティーちゃうやないかーい!黒いガードルでがっちりガードしとる。おっさんがっかりや。あ、おっさんなってもうた。



まずは仰向けの状態で、マッサージ嬢がベッドの横に椅子に座って腕マッサージ、脚マッサージ、うつ伏せの状態で、マッサージ嬢が背後にまたがって背中、腰とやってくれる。あの制服のせいで期待していなかったが、力加減もちょうど良く、大変気持ちようございました。

基本的にベトナムではマッサージ屋さんではチップはあげた方が良いみたい。90分でトータル1,000円くらいとしても安いです!
関連記事

コメント

売春?

日本では床屋さんが売春するということは無かったみたいですが、香港や韓国やタイやベトナムなどの東アジア、東南アジアでは床屋さんが売春宿を兼ねていた歴史があったみたいで、韓国映画みていても床屋さんで売春するシーンが出てきます。
なんか写真みた感じの偏見ですけどマッサージのお姉さんやたら色っぽい感じで、ベトナムでは床屋さんのみならずマッサージ店もそういう売春みたいなこと兼ねてるのかな?とか思ってしまいました。

Re: 売春?

ベトナムなので、大いにあり得ると思います。
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR