田園風景の中にある納屋を改装した素敵カフェ「NaYA coffee(ナヤコーヒー)」

納屋を改造して去年オープンしたカフェ「NaYA coffee」に行きました。こんなところにカフェ?と思うような田んぼに囲まれたののどかな風景の中に、ひときわおしゃれな「NaYA coffee」の看板。



午後2時過ぎに来た時は、6台ほど停められる駐車スペースはいっぱいでした。



もともと農機具などを入れておく納屋だった建物の骨組みだけを残しリフォームしたというカフェ。シンプルながらもセンスの良さを感じます。



小さな木の引き戸をくぐり店内へ。



敢えてデザインも色もバラバラな椅子の不揃いコーデがおしゃれ。テーブルの素材は木で統一してあり、空間が広いのですっきりして見えます。



テーブルなどの隅っこにヤマカの焼印。納屋をカフェに改装するため、片付けをしていた時に見つけた屋号の焼印だそうです。

昔は鍬やしゃもじなどには屋号の焼印が押してあったし、焼きごてがあったことを思い出しました。こんな素敵な使い道を思いつくなんて!私も真似したい!





テーブルはよく見ると、手作りされたんだろうと思います。木のぬくもりが感じられ、店内のインテリアにマッチしています。



コーヒー豆の焙煎機は新しく、ピカピカと輝いています。



メニューは、オーダーコーヒー(400円)、本日のコーヒー(380円)、水出しアイスコーヒー(450円)、カフェオレ(450円)、きび糖のシフォンケーキ(460円)、コーヒーゼリー(400円)など。オーダーコーヒーは6種類から選ぶことができ、本日のコーヒーはその中から1種類を日替りでお得に提供しています。

注文後に豆を挽き、1杯ずつ丁寧にドリップ。店内に新鮮なコーヒーの良い香りが漂います。



「ケニアAA」は、明るくフルーティな風味でとてもおいしい。



今日のコーヒーは「ブラジル」。ブラジルもすっきりして飲みやすい。とにかくどちらもおいしい!



コーヒー豆は100gから販売。ブラジルプレミアムショコラ(550円)、キリマンジャロ(550円)、グアテマラファンシーサンタロッサ(580円)、コロンビアウィラビジャSUP(580円)、ケニアAA(580円)、メキシコオアハカオーロラ農園SHG(550円)の6種類。その場で好みのメッシュ(粗さ)で挽いてもらえます。



お店のオーナーさんとお話ししてみたら、同じ小学校出身で同級生の妹さんでした!お話しできて良かった。「納屋カフェ」絶対また行きたい!!!

【NaYA coffee】
住所:三重県伊勢市植山町植山町74-5
営業時間:10時~16時
定休日:日曜日、月曜日

関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR