朝熊山(あさまやま)朝熊岳道登山

本日は、日本で登山部の部活!3年ぶりの朝熊山登山です。言い出しっぺは、前に一緒に朝熊山に登って、もう2度と登りたくないと言っていたまさかのチアキ。最近体重が増えたそうで…

のんちゃんが車出してくれて、朝熊山のふもとの駐車場へ到着。近鉄浅間駅近くの「であいの広場」に20台程の駐車場とトイレがあります。そこから朝熊岳道登山口はすぐ。自由に使える竹の杖を借りて、出発!



山から降りて来たおじさん情報で、ヒルが出ると知り、かなりびびる部員一同。ズボンの裾を靴下にしまいました。



登山者カウンターを各自押して、人数を数えています。私たち4人をカウントしたら数字が「42」になりました。なんか不吉な数字…



昨日の登山者は13人。



ゴンさんは、サンティアゴのトレーニングのため、実際のサンティアゴの装備を準備しました。



1ヶ月以上の装備にしては荷物少ないし、カバンは横下げ。横下げはキツそう…



歩き始めてすぐに息が上がる3人。カメラの前なので、平気そうな表情作ってます。



巨大ミミズに遭遇!



朝熊岳道は、駐車場から始まって朝熊峠まで二十二町あり、一町(一町=約109m)ずつ刻まれた標識とお地蔵さまが立っています。

二十二町まで登ると浅間峠に出ます。ここは内宮さんから続く宇治岳道との合流点でもあり、かつては東風屋(とうふや)という立派な旅館があったが、1964年(昭和39年)に火災で焼失したそうです。



登り坂を1時間以上歩き、舗装された道路に出ました。頂上はもうすぐです。



案内図にある「おちんこ地蔵」が気になる。満場一致で「おちんこ」を目指す我らおちんこ部員一同!



思い出せなかったこの言葉「お伊勢参らば朝熊をかけよ朝熊かけねば片参宮」って書いてある。



「お伊勢参らば朝熊をかけよ朝熊かけねば片参り」です。江戸時代、お伊勢参りが大流行した当時から伊勢神宮内宮さんを参拝した後は、朝熊山にある金剛證寺へも参拝して帰るのが一般的だったそうです。今では人少ないですが、当時はえらい賑わいだったのでしょうね。



続く…

関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR