ボルダリング初挑戦「みえこどものしろ」

松阪市の中部台公園内「みえこどものしろ」で、初めてボルダリングをした。

ボルダリングとかクライミングの違いがよく解らないが、クライミング競技の中にたくさん種類があり、その一種がボルダリング。ロープを使わずマットを使い、最低限の道具(シューズとチョーク)で低めの岩を登るスポーツがボルダリング。

「こどものしろ」と言うだけあって、子供同伴でなければ行けない場所。小学生の甥っ子とその父親(私の兄)に連れて行ってもらった。

年齢やレベル別で時間帯が分かれていて、私たちは午後3時からの初心者の部に参加。料金は45分で200円。



初心者コースなので、高さ2.5mくらいのライン以下で左から右へと横移動するだけ。子供らは猿みたいにぶら下がって、ひょいひょいと軽く動く。簡単そう!



誘ってもゴンさんは来たがらないだろうと思ったけど、喜んで参加した。クライミングウォールのあるクルーズ船に乗った時に初めて体験してボルダリングにハマったらしい。10代に戻れるなら、真剣にボルダリングをやりたいそうだ。



基本が解らないので、腕に変な力が入ってしまう。私は、5回くらい、左から右に移動しただけで、かなり疲れてしまった。腕の筋肉痛は2~3日続いた。



基本的には、保護者は椅子に座り見守っている。私たちは子供1人に対して保護者が3人も参加。私ら以外は全員子供で、恥ずかしかった。

個人的にボルダリングよりも楽しんだのが、「こどものしろ」入口に設置されている誰でも遊べるディアブロと皿回し。

実は家にディアブロがあって、過去に何度かチャレンジしてみたけど、コツが掴めずうまくできた試しがない。ボランティアスタッフでディアブロ達人のおじさんがコツを教えてくれて、その通りにやったら、上に飛ばして受けるまでできるようになった!



皿回しも、おじさんにコツを教えてもらったらできるようになった。コツは棒の先だけを回転させて、棒を真っ直ぐ上に向けること。甥っ子より先に成功して勝ち誇る叔母。子供っぽい甥っ子より大人気ない。



上手くできている写真が無いのがくやしい。

関連記事

コメント

キム・ジャイン選手

ボルダリング女子は日本では野口啓代選手が一時期強かったですが今は韓国のキム・ジャイン選手が強いですね。2020年の東京オリンピックでも正式競技として採用されるみたいですが、女子ではキム・ジャイン選手が金メダルをとるかもしれません。

Re: キム・ジャイン選手

コメントありがとうございます。あらゆるジャンルに詳しいんですね!
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR