搭乗拒否されないか心配で仁川空港に早く到着

勘違いして、仁川空港に早く到着してしまった。登場時刻00:05を出発時刻と勘違いした。出発時刻は01:05。エアアジア国際線のチェックイン開始時刻は出発時刻3時間前から。チェックインカウンターオープンまで2時間も待たなければならない。

めちゃくちゃ空腹で、フードコート周辺をうろつくも、お金がもったいなくて、コンビニでおにぎりを1個だけ買って空腹を紛らわせた。あとでラウンジに行くからそれで我慢。

しかし、ラウンジの営業時間は大丈夫か?午後10時にチェックインでは、すでに閉まっているのでは?調べたらKALラウンジ1箇所のみ遅くまで開いている。

もう1点、とても不安なことがある。それはタイにビザ無しで、片道航空券で入国すること。ほとんどの人が片道で問題なく入国しているが、まれに帰国チケットをチェックされ、持っていなければその場で購入するか、登場拒否。もしくは一筆書けば乗せてもらえるなど。いつもツイている私なので大丈夫だとは思うが不安。一応前もって対処法は勉強している。

それから、エアアジアの機内に持ち込める荷物は7kgまで。追加料金を払って預けるのは嫌なので、頑張って荷物を減らした。

8kg以内にどうしても減らせないので、今日の出発直前になって、バックパックが重いことに気が付き、大きなバックパックを持って行くのをやめることにした。



結果、減らし過ぎた。諦めた荷物、持って来ても大丈夫だったな…



ああ~明日の今頃は~チェンライに着いています!1泊目のチェンライでの宿は予約しました。



ブッキングドットコムで、1泊219バーツ(732円)現地払い。宿予約する時はブッキングドットコムか、エクスペディアが安い気がする。最近知ったけど、ブッキングドットコムたくさん利用してランクアップすれば10%オフになるとか?それ目指そうかな。





前回は、ベトナムの安宿をエクスペディアで予約した。朝ご飯付きの予約したのに朝ご飯付きじゃなかった。まだ根に持っている。→1泊167円で宿泊したホテルの評価



アゴダは東南アジアの宿の取り扱いが多い。



ホテルドットコムは、10泊したら11泊目無料。たぶん10泊分の平均分てことやろな。



関連記事

コメント

こんばんは

お久しぶりです、Yuukiです。
私もタイ何度か行ってますが、唯一仁川から、チェジュ航空で飛んだ時だけ搭乗拒否ではなかったけど、サインさせられました!!
でも、いつも片道ですがそれ以外は、問題なかったです(^^)タイ入国の時も宿の名前だけ、いつも書かされます(^^)
お気をつけて☆

Re: こんばんは

Yuukiお久しぶりです!
私も何度も片道チケットで入国できていたんですが、なんか急に不安になって、もしものためにたくさんイメトレしました。笑
結果、同意書に署名して、乗せてもらえました。良かったです。

よかったです(^^)
タイ楽しんで下さい(^^)

ブログ楽しみにしています♪

Re:

Yuuki様、ごめんなさい!
なんか馴れ馴れしくYuukiって返信してしまいました。様かさんかちゃん?悩んでいるうち忘れましたね。それでは楽しんできます。
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR