チェンライの焼き物工房「ドイディンデーン」

旅先で知り合った日本人の金子さんが今チェンライに住んでいることは、共通の友人から聞いていた。

安宿にチェックインしてから、金子さんが会いに来てくれることになった。宿の1階で外を眺めて待っていると、金子さんが車を運転してやって来た。歩いて来るものと思っていたけど、車を持っているなんて!

3年くらい前からチェンライにリタイアメントビザで住んでいるそう。毎日が日曜日なので、チェンライを案内してくれると言う。嬉しい!

ちょうど私がグーグルマップに行きたいと思って印をつけてあったところへ、連れて行ってくれることに。

車で北上し、チェンライとメーサイの中間辺りにある首長族の村の案内看板を目印に東に2kmほど走った森の中にある「ドイ・ディン・デーン」へ。

日本で唐津焼の修行をしていた経験がある陶芸家のソムラック・パンティブンさんの工房で、奥様が日本人。









敷地内に工房がいくつかあり、中で作業を見学させてもらう。



弟子たちが大きな壺を作っているんかな。



タイ人スタッフがたくさんいる。



奥様が外に出て来てくれたので、少し挨拶した。芸術家の旦那様とはカンボジアだったか(?)ボランティア先で知り合ったそう。結局たくさん質問した。静かで品のある奥様だった。



ソムラック・パンティブンさんの展示室もある。



敷地内のどこを切り取っても絵になる。



併設されているカフェにも是非行ってみたかったけど、午後5時閉店で間に合わず。次回があればカフェ行く。

関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR