チェンコーンメインストリート沿いのおいしいパッタイ

チェンコーンのメインストリートにある食堂「Phad Thai Baan Yim(パッタイバーンイム)」。



なぜか店頭に少数民族の顔ハメがある。



入口からはわからないが、テラス席もある。



お昼時はお客さんが多く、ほとんどパッタイを注文しているよう。パッタイ以外のメニューもある。



パッタイ35バーツ。とてもおいしいが、量が少なめで物足りない。



1回目食べた時は量が少なかったので、2回目は「パッタイピセー」と注文した。どうやら「ピセー」と言ったら、大盛りになるようだ。そうしたら、量は1.5~2倍くらい多いパッタイが出てきた!値段は40バーツ。



今度は量が多過ぎておいしさは半減した。物足りないくらいの量を食べるとまた食べたくなるから、食べ飽きてちょうどよかった。しばらくパッタイ食べなくて済む。

【Phad Thai Baan Yim(パッタイバーンイム)】
住所:27/3 M.8, T.Wieng, A Chiangkhong, Chiangrai, Thailand 57140
電話:090-135-4289

関連記事

コメント

食べたいっ!

ああっ、ボクもパッタイ食べたいですよ。

日本の自宅で作ろうと、いつも思いますが、やっぱりタイで食べないと、美味しくないだろう、と。

ラオス式カオソーイも夢に出てきそうですよ。

ああっ、禁断症状が…。

ちなみに韓国・釜山のビビンネンミョンにも、うなされます。

Re: 食べたいっ!

フラキート様、こんにちは。
私もパッタイ大好物です。自分で作れたら良いですね。どうやって作るんだろう?全く想像つきません。この機会に作り方習おうかな?
釜山のビビン冷麺はソウルと違うのかな?
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR