手作りケーキがおすすめ!チェンコーンのカフェ「CAKERY HOME」

昨日、久しぶりにチェンコーンのお気に入りカフェ「カフェ・デ・ラオ」に行った。→チェンコーンのお気に入りカフェ「Cafe De Lao(カフェ・デ・ラオ)」

グリーンレモンティー50バーツは、ライム入りの抹茶?見た目は綺麗だが味は微妙…このメニュー無いほうが良い気がする。メニューが多いから色々試したけど、結局、アメリカーノとココアがおいしい。



「カフェ・デ・ラオ」は、本日月曜日が定休日。お隣に最近オープンした手作り感満載のカフェ「CAKERY HOME」へ。



看板には定休日月曜日となっているが、確認したところ定休日火曜日に変更したそう。



アイスアメリカーノ45バーツ、ココナッツケーキ50バーツ。アイスは店内で飲む場合も使い捨てのカップのみ。ケーキは良く売れるらしく、ココナッツケーキ1個のみ残っていた!スポンジはアンチャン(バタフライピー)の紫色、甘過ぎない生クリームにフレッシュココナッツをトッピング。タイでしか食べられない組み合わせで珍しいし、おいしい!!!



ひろ子ちゃんの後ろの席では、チェンコーンのメインストリートにあるパッタイ屋の女将さんが自撮りというかカフェのオーナーさんにカメラを渡し撮影してもらっている。30ショットほどは撮ったであろうか。



そのあと、人が大勢入って来たので私たちは退散。



真ん中の男性、初対面なのにやたらフレンドリー。顔はわりとイケメンだが、動きがオネエ系。そして、ひろ子ちゃんと知り合いのパッタイ屋の女将さんが知らない間にお会計を済ませて去って行った。



ゴチになりました!

関連記事

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR