不動産情報~破格のチョンセ~

破格のチョンセ物件の貼り紙があったので、部屋を見せてもらいました。





不動産のおじさんに連れられていった先はここ。おお~ワクワクしますね!



古びた門を開くと、中庭をぐるっと囲むように建てられた平屋の韓屋です。

奥に家主のお婆さんが住まれていて、中庭を囲むように部屋があります。他の部屋は全部1人暮らしだと言ってたので、おそらくお婆さん以外にあと2人はいるようです。

韓国ではまだ住んでいる人がいても、鍵を開けて部屋を見せてくれます。部屋の広さは4畳半程度で、部屋の手前の一段下がった所が2畳ほどのキッチンスペースです。



キッチンも一応あります。



中庭の共同トイレの隣にはシャワーがありますが、そこは使っては駄目なんだそうで、キッチンでシャワー浴びれるからね~と不動産のおじさん。

写真が無いのが残念…キッチンの床はコンクリートで、水道の蛇口は腰の高さにあるので、屈んで水を浴びろとのことです。大きなタライにお湯を貯めればまあいけそうです。お湯が出ればいいのだけど。

安宿を思い出す共同トイレ。



屋上への階段を登ってみます。



屋上です。カオス!



屋上から見下ろすとこんな感じ。



※チョンセというのは、一定期間保証金を預ける代わりに部屋を家賃なしで借りられる韓国の家賃制度。

こちらのチョンセの値段は1年契約で2,000万ウォン(約200万円)、不動産への紹介手数料として5%の10万ウォン(約1万円)が必要です。駅までは10分くらいで、周りは下町という感じ。ディープな韓国でした。

契約期間が終わった後、保証金返してもらえるのかな~?不安です。

関連記事

コメント

見に行っただけだよね?

チョンセの制度は、韓国だけのスペシャルな制度だと思うんだけど
実際に、チョンセを借りて、保証金を返してもらった人に出会った?!

憶測だけれども、チョンセの制度で苦しんでいる人もいるかもしれないよ?

その部屋に、一年 200万円位、保証金を預けて返って来なかったら切ない~
いや、絶対、ツライ
200万円位あるなら、違う使い道探すよ!私なら。保証金が、高すぎてなんだかな~

ジャカルタで借りた部屋は、3万円位の保証金だったけど、水光熱費を保証金から引かれて、2ヵ月いたけど、2万円位戻ったよー チョンセの保証金が本当に戻るのかが、部屋よりも気になりやした(゜ロ゜;ノ)ノ

そうだね〜保証金が返ってこなかったら最悪!
返すつもりでも返せない場合もあるみたいだから、きちんと見極めないと危ないと思う。
チョンセ保険みたいな制度もあるらしいから、一度調べてみるわ。
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR