辛くておいしい激安ネンミョン屋さん

アンニョンハセヨ~
ソウルは最近少し暖かくなってきたような気がします。

1月は寒過ぎて電気ストーブを使いまくった結果、電気代がありえないことに。。。T_T



でも、良いこともいくつかあります。
来月、ゴンさんの書いた本が出版されます♪



それから、ずっと就職活動中だったゴンさんですが韓国の大手旅行会社の添乗員の仕事が決まりそうです。

とりあえず、1回だけ仕事をもらうことができました。頑張り次第で仕事が増えるかもしれないので、応援していこうと思います。

ゴンさんの仕事に必要な服などを見ようと清涼里(チョンニャンニ)のロッテ百貨店に見に行ったのですが、その時にお腹が減ったので久しぶりに冷麺を食べました。

周りに食堂がたくさんある中で、このお店にだけはどんどんお客さんが入って行きます。期待できそう!



私は実は冷麺ってあまり好きではないのですが、食べてみたくなりました。

午後3時頃というのに満席で少し待ちました。

メニューはピビンネンミョン(混ぜ冷麺)とムルネンミョン(水冷麺)のみ、どちらも4,000ウォン。大盛りは5,000ウォン、麺の替玉は2,000ウォンです。



私はピビンネンミョンを注文。



冷やしたユクス(牛肉スープ)を別に出してくれます。



ピビンネンミョンは少し入れてかき混ぜます。たくさん入れればムルネンミョンです。

ここまで赤いと、はっきり言って相当辛いです。



辛い。。。



混ぜる前にコチュジャンを小皿に取り出して、辛さを調整しましょう。



このお店のセルフサービスの熱いユクス(牛肉スープ)が激ウマ!
ユクスはこの巨大なタンクから自分で持って来ます。



ユクスっておいしいと思ったの初めてです。今まで飲んだユクスは薄かったり油っぽかったりでしたが、このお店だけはしっかりしたスープって感じです^ ^



ああ~書いてたらまた行きたくなった!場所は清涼里駅から徒歩5分ほどの市場内。

■청량리 할머니 냉면(チョンニャンニハルモニネンミョン)
ソウル市東大門区祭基洞469
年中無休 営業時間 8:00~22:00

周辺ではこんなシュールな光景も。


挨拶をする人形を熱心に撮影する現地のおじさま。


보신탕(犬鍋)看板の前をウロつくワンコ。鍋にされちゃうよ~




関連記事

コメント

おめでとうございます!

ゴンさん小説家になったんですか!?写真集かな?


ホッシーさん、ありがとうございます^ ^
本はエッセイというのかな?
おもに貧乏旅行とか、夫婦の話です。
実は私もところどころ、教えてもらうだけで、
正確な内容はわかってないんです。
夫婦の写真はやたら出てくるよ。
需要あるんかいっ!!!ていつも
突っ込んでますけど…
もう製本されてしまうようです。
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR