fc2ブログ

ウーティー「ティーファクトリー」

ウーティーからティーファクトリーへは、セントラルバススタンドからコタギリ行きバスで行ける。先日コタギリ行きバスでドダベッタピークに行ったのでバスルートを把握済み。ルート上のバスストップでバスを停め、ティファクトリーを目指す。

ウーティーの町からティファクトリーまではそんなに離れていないので歩いても行けなくはなさそう。



車の誘導する係員はミッキーとドナルド!



こんなとこでミッキー働いてたんか!



この日はインドの祝日だったせいか、人が多い。



入場料は無料。ツアーのコミッション管理か?腕にバーコードを巻いてもらい入場。



コースに従って見学。まずはホームメイドチョコレートを作る工程を見学。ウーティーはホームメイドチョコレートを販売するお店が多い。気候が涼しくチョコレートが溶けにくいからとか?



ここでは買わなかったが、ウーティーで買ったチョコレートはおいしかった。100g30ルピー~100ルピーで販売されている。プラスチックのパッケージに入ったアソートチョコはお買い得で、250g100ルピーで買った。



大混雑のお茶の試飲コーナー。



人が少なくなってから、ホワイトティー、グリーンティー、カルダモンティー、チョコレートティーを試飲させてもらった。



日本のグリーンティーと海外のグリーンティーは全く別物。あっさりしすぎてほとんどただのお湯みたい。カルダモンティーはいわゆるチャイでおいしかった。



ニルギリティーは、アッサム、ダージリンと並ぶインド三大紅茶の一つ。スリランカに近いため香りや味わいがセイロンティーに似ているのが特徴。



お茶の製造工程を見学。工程順に写真を並べると、まずは摘み取った茶葉を平らに広げるのか?おそらくゴミなど不純物を取り除いている。



大きなパイプから下の階の機械に茶葉を投入。



茶葉は機械で揉まれ細かくなっている。



乾燥した茶葉をクオリティなど別に袋詰め。



最後はお土産ショップ!フロア別に販売されているオイル、チョコレート、ティーなどが飛ぶように売れていた。





ティーファクトリーを出てさらに先に進むと別のティーファクトリーとアドベンチャーパークがある。







これ安かったら私もやってみたい!



多分ジップスイングというやつで400ルピーもする。きっぱり諦められる値段だ。100ルピーくらいだったらやりたかった。



こちらのティーファクトリーは規模が小さく、入場料30ルピーとのこと。





【The Tea Factory & Museum】
住所:Dodabetta Road, Kil Kodappamund, Ooty, Tamil Nadu, India

関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国ソダム出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

2019年4月〜韓国ソダム出版からゴンさん(박건우)の新刊「느리게 천천히 가도 괜찮아」出版。タイトルの日本語訳は「のんびりゆっくり行っても大丈夫」です。私たち日韓貧乏夫婦の台湾一周徒歩旅行記(韓国語版)です。

2019年11月〜YouTube配信中!




月別アーカイブ