fc2ブログ

「Pizza 4P's(ピザフォーピース)」ハノイ大聖堂近くリーコックス店へ

ハノイに滞在できる日数があと1週間しか残ってない。ベトナムに片道航空券で8月25日入国。30日間滞在可能なEビザの有効期間は9月24日まで。私はこの後どこに行けば良いの?

ハノイから関空への直行便の航空券高いのもあるし、ハノイから香港まで陸路移動しようかと思ったけど、考えれば考えるほど面倒くさくなってきた。ソウル行きのチケット買っちゃおうかな?ハノイからソウルは1万円ちょい。でもソウルに行ったところで、ゴンさんは仕事で1カ月くらい居ないしな…なんかこれっていう良いアイデアが思い浮かばない。明日また考えよう。

ゴンさんとハノイで過ごせるのもあと1週間。ピザがおいしくてまた行きたいと思っていた「ピザフォーピース」に、早速また行った。心残りのないよう、2人で食べたいもの食べるぞ!

今回はハノイ大聖堂近くの店舗へ。前回行った別の店舗の方が雰囲気も接客も良かった!→ ベトナムで絶対に行くべきお店「Pizza 4P’s(ピザフォーピース)」



土曜日の昼間というのもあり、入口ドアに午後2時まで予約で満席と書かれた貼り紙が貼られている。観光客が多いからか店内は、前回行った店舗に比べると落ち着きがないよう。20分ほど待って2階席へ案内してもらった。



こちらの店舗も1階の奥に石窯があり、ピザを作る様子を見ることができる。





お店を出る頃の2階の様子。だいぶ空いた。



メニュー表がiPadで、言語は英語、ベトナム語、日本語、韓国語に切り替えることができ便利!トッピングやカット数など細かい注文が可能で、何より注文した合計金額が一目瞭然なところが好き!前回はお会計いくらになるかびびってたくさん注文できなかったもんな。



飲み物はジンジャーエール36,000ドンとパッションフルーツソーダ42,000ドン。ジンジャーにもパッションにもシロップは後入れで、自分で甘さを調整できる。どちらもおいしい!



食べたかった渡り蟹のトマトクリームスパゲッティ225,000ドン。



蟹の身ほじくらなあかんと思ってたけど、殻をめくったら、スパゲッティの上にほぐした蟹の身を乗っけてくれてある。さすがです!フォーピースさん!



ピザはサーモン刺身となすのマルゲリータのハーフ&ハーフ215,000ドン。ピザはもちろんおいしいけど、前回食べたのがかなりおいしかった!



TAX込みでお会計569,800ドン(2,850円)。お腹いっぱいおいしいものが食べられて、今日も幸せ。ゴヌ君に(ジョタンにも一応)感謝!

【Pizza 4P’s(ピザ フォーピース)】
ホームページ→https://pizza4ps.com/
住所:24 Lý Quốc Sư, Hàng Trống, Hoàn Kiếm, Hà Nội
※ハノイに3店舗あります。

関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国ソダム出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

2019年4月〜韓国ソダム出版からゴンさん(박건우)の新刊「느리게 천천히 가도 괜찮아」出版。タイトルの日本語訳は「のんびりゆっくり行っても大丈夫」です。私たち日韓貧乏夫婦の台湾一周徒歩旅行記(韓国語版)です。

2019年11月〜YouTube配信中!




月別アーカイブ