fc2ブログ

安岩の豚骨ラーメン屋さん喰道楽

近所にあるラーメン屋さん「喰道楽」。



時々お店の前を通るので、ずっと気になっていたんですが、やっと食べに行きました。


夫婦で1番安い6,000ウォンの豚骨ラーメンを2個注文。
合計12,000ウォンですが、現金で支払うと割引してもらえるらしく、11,000ウォンになりました。
今日はカードで払おうって言ってたんですが、ここはもちろん現金払いでしょう!なんか得した気分♪


ご飯とキムチ、たくあん、紅しょうがは、セルフコーナーにあり、自分で好きなだけとることができます。



ご飯は、残したら1,000ウォン罰金だそうです!



なんと、冷蔵庫に入ってるサイダーやコーラもセルフで飲み放題!




「喰道楽」の豚骨ラーメンは、少しあっさりめな感じです。
小さめのチャーシュー2枚、半熟卵半分、のり、もやし、ねぎがトッピングされています。



麵は、黄色い麵でした。麵の匂いが私は少し気になりましたが、まあまあおいしかったです。



スープがあっさりで、けっこう好きかも。



残ったスープにご飯をぶち込んで、



完食!!!



近所にあるので、時々は食べに行くかもしれませんが、他の場所からわざわざ来るほどではないです。
高麗大の学生さんなんかには、よろしいかもしれませんね〜


■喰道楽
ソウル特別市城北区安岩洞5街85-3
電話:02-929-9290
営業時間:11:30-22:00
定休日:日曜日

行き方は、地下鉄6号線安岩(アナム)駅3番出口を出てまっすぐ。
交差点を右に曲がりそのまま60メートルほど直進すると右側にお店が見えます。

関連記事

コメント

なんちゃってか。。

うーん(´・ω・`)
なんちゃって日本食なら、どの国だろうとやめてほしいな!

私も今日は、ホーチミンで
ランチとぜいたくして、夜も日本食屋で食べたけど、いまいちのなんちゃって日本食だって残念だった

この味が、日本のラーメンとか
日本の食べ物とか思われるのが、残念。

ま、東京の韓国料理&ベトナム料理もいまいちだったから、どっちもどっちかな 笑

しかーし、600円でしょ?みきちゃんたべたラーメン(○_○)!! 高いな!ラーメン好きとしては、納得いかない 笑

Re: なんちゃってか。。

yukiちゃんは、ラーメンにはかなりこだわりありそうだから、許せないかも!
600円って高いの?ソウルの他の日本ラーメンは相場が7,000ウォン〜だからね、日本で食べるのと同じか少し安いのかと思った。
それにしても、よけいに日本のおいしいラーメン食べたくなってしまったわ〜!!!

そうね!安いよ!!

私の勘違いだね~笑 ごめん、ごめん

韓国は物価高いもんね! それだったら、¥600くらいなら安いし、試す価値はあるよね~。 ごはんもセルフでついていて良心的じゃないか!!!笑 

私も… 日本でラーメン食べたい!しかも、美味しいラーメン

yukiちゃん
わかるよ〜ベトナムとかタイなら、600円も出せばどんだけ贅沢できるんって感じやもんな〜!
対しておいしくもないものに600円って、出したくないわ!

いいですね~

こんばんは~!
学食って安くていいですよね
一般の人も食べれるのですか?
いいな~今度高麗大丹食べに行きたいです~

Re: いいですね~

ユナーさん、こんばんは〜!
一般の人も気軽に食べられますよ。
高麗大学の敷地も広くて校舎も素敵なので、見学がてら学食いかがでしょうか?
学生気分が味わえますよ♪

ちなみにこちらのお店は学食ではなく、
高麗大生の行きつけのラーメン屋さんという感じですね♪
非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国ソダム出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

2019年4月〜韓国ソダム出版からゴンさん(박건우)の新刊「느리게 천천히 가도 괜찮아」出版。タイトルの日本語訳は「のんびりゆっくり行っても大丈夫」です。私たち日韓貧乏夫婦の台湾一周徒歩旅行記(韓国語版)です。

2019年11月〜YouTube配信中!




月別アーカイブ