fc2ブログ

ベトナムでの社会隔離生活

ベトナムでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、4月1日から全国で15日間の社会的隔離措置をとっていましたが、ハノイ市とホーチミン市を含む28省・市に対しては4月22日まで延長されています。

ハノイでは少なくとも4月22日までの21日間「社会隔離」は継続。22日まで感染者が増えなければ、23日からは段階的に制限は緩くなるようです。

私たちももちろん社会隔離中。外出するのは、3日に1度程度の食料品の買い出しの時だけです。住んでいるマンション内にスーパーマーケットがあり、混雑することもなく、買い占めもないので安心しています。

外食もできないので、家で食事を楽しもうと頑張って自炊をしています。が、私はやっぱり料理することが好きとは思えません。掃除と洗濯は嫌いじゃない。一応フードデリバリーは可能。

【社会的隔離措置の主な内容】
・全ての国民(外国人も)は自宅待機。
・食料、食品、薬品の調達や救急の目的、必需品、必需サービスを生産・提供する企業・工場で働く目的、及びその他の緊急の場合等、本当に必要な場合に限り外出すること。
・接触する際2メートル以上の間隔を保つ。会社、学校、病院の外部や公共の場所において3人以上で集まらない。
・原則公共交通手段による旅客運搬を停止。

社会的隔離措置の実施以降、新規感染者が減少傾向にあり、2020年4月20日(月)現在、累計感染者数は268人、新規感染者は4日間連続0人、感染者268人中214人が快復し、54人が治療中、死者0人!マジで凄いです!

ベトナムの新型コロナ対策は徹底しています。初期段階で韓国と中国からの入国を禁止。感染者が出た地区では、地区単位でロックダウン。感染者が出たマンションでは、その建物の全住民が完全外出禁止。他にも細かな対策がされています。

マスクをせずに外出した場合は罰金30万ドン(約1,500円)、コロナに感染していることを意図的に隠した場合罰金200万ドン(約9,500円)。使用済みマスクのポイ捨て罰金700万ドン(約3万2000円)という厳しい規則もあり。

そしてベトナム国民が協力的です。もしかしたら文句を言っている人がいるかも知れません。でもそんな様子は感じられません。

収入を断たれ困っている人々を助けるための対策として、ベトナム各地に無料で米を配給するための米ATMが設置されているそうです。

あとは国民の食糧確保のために、米の輸出をストップしたり。

ベトナム政府から日本に、医療用マスク5万枚と日本円にして1千万円相当の医療物資を寄贈していただきました。マスクや医療物資は今後日本に送られるそうです。

ベトナム、素晴らしいと思います。

関連記事

コメント

暇な隔離生活

YouTubeの収益化はすごいですよ。以前、ブログをやっていましたけど半年で30ドルくらいしかならずにやめました。メキシコは、物価が安く、気候が良いので住んでいます。基本的には、貯蓄で生活しています。

ベトナムの統制と規律はすごいですね。メキシコは、ほんまに緩いんです。一応ですが、非常事態宣言みたいなもの出てますがローカルなマーケットとかでは普通に買い物をしているのをTVでやってました。私たちは、週一でスーパーと銀行にしか行きませんので暇です。

昨日、ゴンさんの動画みました。ハングルが分からないので、なんでゴンさんに何回も起こされていたのかが不明です。最後の部分の誕生日は、わかりました。おめでとうございます。

ほんまに暇なので妻にYouTubeで動画をとろうと言われてますが機材も必要だし、外出できないし。ベトナムは、通常化まで近いですけど、メキシコは、長く続きそうです。

Re: ベトナムでの社会隔離生活

自由人さん、返信ありがとうございます。
自由人さんも夫婦で海外滞在されておられるということですか?メキシコでも新型コロナで非常事態宣言出ているんですね。メキシコに行ったことがないですが治安大丈夫ですか?

ゴンさんのYouTubeを見ていただき、本当にありがとうございます!字幕付けなくてすみません。やり始めたんですが、集中力が持たず途中で休憩してそのまま…

最新のYouTubeで、私が何回も起こされているのは特に意味はありません。起こした時の反応を楽しんでいるみたいです。

ちなみにゴンさんはけっこう機材揃えて撮影していますが、私はiPhoneで撮影しています。編集もアプリでやる人も多いみたいです。奥様とYouTube始めたら教えてください。見たいです。

No title

夫婦でメキシコに住んでいます。メキシコの治安はフィリピン以上に悪いと思います。でも、悪い地域に入らなければ問題はないかな~という感じです。中南米は、アジアより治安は悪いですね。

ゴンさん、動画を撮るためにお金を費やすのは結構きついって言ってたの覚えてます。それでも、収益化できたので良かったですよね。我々は、そのうち気が向いたら動画とろうかな~という感じです。


非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国ソダム出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

2019年4月〜韓国ソダム出版からゴンさん(박건우)の新刊「느리게 천천히 가도 괜찮아」出版。タイトルの日本語訳は「のんびりゆっくり行っても大丈夫」です。私たち日韓貧乏夫婦の台湾一周徒歩旅行記(韓国語版)です。

2019年11月〜YouTube配信中!




月別アーカイブ