fc2ブログ

手縫いの服と帽子と小物

ハノイに来た2月末から4月の終わり頃まではずっと寒かったのに、5月になった頃から急に真夏のような暑さになりました。

涼しい服が着たいので、持っていた布で手縫いでワンピースを縫うことにしました。チェンコーンでパパイヤヴィレッジのひろ子ちゃんにもらったミャンマーの布。薄手のコットン生地です。筒形に縫って巻きスカートのようにしていましたが普段着には使いにくいので、ワンピに改造。ワンピにするには生地の分量がギリギリで、幅は細めになってしまいました。



インドで買った赤いワンピは、着倒して一部破れ、手で裂けるほど生地が薄くなっていたので処分。その赤い生地を襟ぐりのバイアスと裾のポイントにしました。間違えて後ろ身頃の襟ぐりを大きくカットしてしまいました。



ベトナムでは気に入るデザインの服がなかなか無いし、あっても高いのでなかなか手が出ません。服を自分で縫おうと思い、ホーチミンのタンディン市場の近くの布屋さんで安く薄手のコットン生地を買いました。

買った布は1メートル60,000ドン。合計3メートルと少しおまけしてもらい、170,000ドン(約850円)。



布屋さんの近くの服屋さんに見るだけのつもりで入ったんですが、こちらで服も買いました。お店の方が凄く感じ良かった!



薄手のリネンパンツとコットン生地のチャイナ風シャツを買いました。2点で450,000ドン(約2,250円)。「どっかのスタッフみたい」ってゴンさんに言われてしまいました。最近はどちらも少し小さくなってしまった気がします。洗濯のせいなのか、それとも私が太ったのか?



ハノイに帰って来てから、旧市街で糸とメジャーを買いました。糸は5,000ドン(約25円)、メジャーは79,000ドンくらいだったかな?ペラペラの安いのも売ってますが、かわいいこちらにしました。



ラオスのレンテン族の布でチューリップハットも作りました。



裏地はタンディン市場で買ったコットン生地。少し大きく作ってしまい、風が吹くと飛んでしまいそうです。



それで、自分にぴったりサイズのキャップを作りました。パターンも自分で作った完全オリジナルです。



リバーシブルです。ぴったりなので、少しの風では飛ばないはずですが、今日完成した帽子をかぶって出かけようとした途端、突風が吹いてきたので出かけるのは諦めました。この写真で着けているマスクもそういえば最近作ったものです。



小さなハギレももったいないので、何か作ろうと思い残してあります。



コースターを2枚縫いました。





関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国ソダム出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

2019年4月〜韓国ソダム出版からゴンさん(박건우)の新刊「느리게 천천히 가도 괜찮아」出版。タイトルの日本語訳は「のんびりゆっくり行っても大丈夫」です。私たち日韓貧乏夫婦の台湾一周徒歩旅行記(韓国語版)です。

2019年11月〜YouTube配信中!




月別アーカイブ