タイとシンガポールのおみやげ

今朝、ゴンさんの2回目の添乗員の仕事が終わり、家に帰って来ました。

シンガポールから4泊5日のクルーズ船のツアー添乗員の仕事。

船を降りてもずっと揺れてるらしく辛そう。しばらくまた休みなんでそのうち治るでしょう。

旅行社の手違いでお客さんの部屋が確保できなかったらしく、ずっとお客さんと2人で部屋を使うことになってしまい、気を使い過ぎてまた老けてしまった。

昨日コットンに染み込ませた高級美容液パックのおかげで、私は朝からお肌ぷるぷる!→シートマスク再利用

どんどん年の差が縮まってうれしいわ〜


チップをもらったのと、タイでスーパーに行く時間があったので、おみやげをたくさん買って来てくれました。



頼んであったココナッツミルクやお菓子。

あと、これこれ~♪



石鹸好きの妻のために、シンガポールの免税店で購入のロクシタンの高級石鹸!バーベナの良い香り~♪

こんなおしゃれなもの初めてもらったかも!珍しいな~と思ったら、ガイドさんは免税店で使える20ドルのバウチャーがもらえるらしい…ただか!

でも、無駄遣いしてないってことで良いね!

さっそくおみやげのカップヌードルいただきます。



関連記事

コメント

mikiさん こんにちは
お土産って嬉しいですよね
(物にもよりますが( *´艸`)
いかにもお土産というものより
地元の人の日用品なんてのがいいですよ~
このカップヌードル日本とはお味違うんでしょうか?
めちゃ興味そそります!

Re: タイトルなし

ユナーさん、こんにちは^^
好きなものたくさん買ってきてもらって、大満足です。
飾って置くものより、やっぱり使えるものがうれしいですね〜!
カップヌードルは、インドネシアのチキンアヤム味でした。
かなり化学調味料が効いていましたww
日本のカップヌードルがやっぱり一番おいしい気がします。

ロクシタンの石鹸とか、ゴヌ氏やるや〜っておもた後のオチwww


やっぱりみきちゃんにはフリースが似合うな♥︎

Re: タイトルなし

そやろwww
でも一応ロクシタンの石鹸を選んだことは褒めたい!!!
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR