fc2ブログ

牛島(ウド)ゴミ問題

牛島(ウド)に行って来ました。済州島の右上の小さな島です。牛島と言う名前は、島の形が牛が横たわっているように見えるので牛島というそうです。

「済州ミニクリーンツアー」第2回目に参加させていただきました。



クリーンツアーは、2ヶ月に1回開催予定の牛島ゴミ問題を解決するためのボランティアプロジェクト。美しい牛島を旅しながら清掃をします。SNSでの募集を見て応募しました。

2020年10月15日(木)午前8時40分、城山港総合旅客ターミナルに集合。約30名の参加者は牛島への往復船便と牛島でのバス移動、ランチも無料とのこと!



往復チケットの料金は大人1人10,500ウォン(2020年10月現在)。夏期は午前8時から30分毎に運航しています。



開放的なので、船内も風が入って寒いくらいです。



約15分ほどで、牛島に到着!



バスでコンモルレ海水浴場(검멀레해수욕장)まで移動し、お昼までの約2時間、清掃活動をしました。





漁業関係の漂流物や観光客によるプラスチックゴミがたくさん落ちていました。清掃活動中は必死なので、私は写真を撮ってなかったです。ゴンさんはYouTube用に動画をいっぱい撮ってくれたみたいですけど。

そしてお待ちかねのランチは、すぐ目の前にある目立つロボットのあるお店で。



SNSの写真を見て、このタスキは参加者全員がずっと付けたままなのかとツッコミがありました。参加者が30人もいるので誰が参加者なのかを把握できるようにだと思うんですが、みんなずっとタスキ掛けです。素材が硬くて作業の邪魔になるし、使い捨てのタスキなので最終的にゴミを生産してしまうことになるという…お掃除ツアーなのにな。この辺りは今後改善されたら良いですね。



チャンポンとジャジャン麺だと聞いていたから全然期待しなかったんですが、サザエひじきチャンポン、サザエひじきジャジャンミョンです。海鮮が効いて凄くおいしいです!





牛島の特産物のピーナッツを使ったピーナッツアイスが牛島の名物らしく、あちこちの売店で販売されています。



みかんのアイスも食べました。



アイスクリームのスプーンは本当にたくさん落ちていました。私達もなるべく使い捨てを買わないように頑張っているんですが、この時使い捨てのスプーンをもらってしまいました。小さなことからでも、プラスチックゴミを減らせる努力をこれからはもっと頑張ろうと思います。

正直、ゴミ問題は牛島に限ったことではないですよね。あらゆる場所でゴミが落ちています。あまりにも多くて、個人的にゴミ拾いをしたところで解決できるとは思えません。これずっと前から想像しているけど、毎月1回でもゴミ拾いの日があったら良いのにな。学生も社会人もみんなで掃除をするの。

関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国ソダム出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

2019年4月〜韓国ソダム出版からゴンさん(박건우)の新刊「느리게 천천히 가도 괜찮아」出版。タイトルの日本語訳は「のんびりゆっくり行っても大丈夫」です。私たち日韓貧乏夫婦の台湾一周徒歩旅行記(韓国語版)です。

2019年11月〜YouTube配信中!




月別アーカイブ