fc2ブログ

中部国際空港(セントレア)プライオリティパスで無料飲食

中部国際空港(セントレア)プライオリティパスで無料飲食チャレンジ!私達が利用したのは2023年11月14日。搭乗の前日でしたが、搭乗時間の24時間前から利用可能でした。

まず向かったのは、中部国際空港ターミナル2に行く手前「フライト・オブ・ドリームス」3階にある「The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar」。



店舗前にはプライオリティパスでの利用方法の詳細があります。入口で搭乗券(eチケット)とプライオリティパスの確認。1人3,400円まで2人分合算可能なので、合計6,800円までは無料で注文できるそうです。



肉増しバーガー&ポテトセット3,080円+ドリンク250円、ローストビーフバーガー&ケイジャンシュリンプ3,280円、合計6,610円分注文しました。



ローストビーフバーガー&ケイジャンシュリンプ3,280円。ローストビーフのハンバーガーは初めて食べましたが、おいしかったです。



肉増しバーガー&ポテトセット3,080円。具材はビーフ、チキン、ベーコン、エッグなど。ボリュームも味も言うことなし!



プライオリティパスが無ければ、メニュー表見て食べようと思わないけど、めちゃくちゃおいしかったです。

続いてターミナル1「くつろぎ処」へ。「くつろぎ処」には、「SOLA SPA 風の湯」、「お食事処えびす」、アジアンスパ「SANATIO SPA」を併設しています。

くつろぎ処での優待内容は下記のいずれかとなります。

【優待内容】
下記メニューの中から選択
・SPAメニューご請求額から3,400円(税込)の割引
・入浴+韓国料理メニュー+アルコール1杯(またはソフトドリンク1杯&アイスクリーム)
・入浴+名古屋めしメニュー+アルコール1杯(またはソフトドリンク1杯&アイスクリーム)

「風の湯」展望風呂の入浴と「お食事処えびす」の食事を利用予定でしたが、なんとこの日に限って臨時休業でした。



続いて「くつろぎ処」すぐそばの「ぼてぢゅう」へ。搭乗券とプライオリティパスもしくはラウンジキーのカードを提示した人に、3,400円相当の「ぼてぢゅうセット」「大阪道頓堀セット」のコースメニューが提供されます。プライオリティパスの利用者が多いせいか満席とのことで並んでいます。

・ぼてぢゅうセット【店内】
選べるメイン1品(ミックスお好み焼/ミックス月見焼そば/ミックスモダン)+金賞からあげ ぼてから+大阪塩バターどら焼1個+ドリンク1杯(ソフトドリンク又はアルコール)



・大阪道頓堀セット【店頭】
選べるメイン1品(ミックスお好み焼/ミックス月見焼そば/ミックスモダン)+大阪塩バターどら焼1箱5個入+富士ミネラルウォーター



テイクアウト用の「大阪道頓堀セット」を注文しました。約15分ほどで受け取り完了。お好み焼きはホテルで食べ、日持ちするどら焼きは後で食べました。お好み焼きもどら焼きもおいしかったです。



「Priority Pass(プライオリティ・パス)」とは、500以上の都市、140以上の国や地域で1,200ヵ所以上の提携空港ラウンジが利用できる会員サービス。

1,300カ所以上の海外空港ラウンジを利用可能なプレステージ会員のプライオリティ・パスの年会費は通常469USドルですが、年会費11,000円の楽天プレミアムカードに無料で付帯しています。現在は利用回数に制限がなく無料で何回も利用できますが、2025年1月1日以降、国内・海外のラウンジを無料で利用できる回数を年間5回までに改悪される予定…



私達夫婦はそれぞれ楽天プレミアムカード付帯のプライオリティパスを持っています。2024年度は引き続き無制限で利用可能なので、しばらくは恩恵を受けさせていただきますが、2025年以降は他のクレジットカードも検討が必要かもしれません。

関連記事

検索フォーム

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国ソダム出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

2019年4月〜韓国ソダム出版からゴンさん(박건우)の新刊「느리게 천천히 가도 괜찮아」出版。タイトルの日本語訳は「のんびりゆっくり行っても大丈夫」です。私たち日韓貧乏夫婦の台湾一周徒歩旅行記(韓国語版)です。

2019年11月〜YouTube配信中!




月別アーカイブ