fc2ブログ

光化門の牡蠣専門店「모려(モリョ)」

光化門に来たので、コネストの口コミで評判が良くて行ってみたかった牡蠣専門店「모려(モリョ)」へ。コネストさんの記事→

お店の場所は、地下鉄5号線光化門駅の1番出口から歩いてすぐ、KB国民カードビル(大宇ビル)地下食堂街の奥に位置します。(地図はコチラ

ここから地下に入り、最初に出てきた角を右に曲がった突き当たりにお店があります。お昼時にはとても混雑するようなので、夕方6時頃に来店しました。

DSC07449.jpg

「モリョ定食」9,000ウォンを注文。まずはこんな感じのおかずが出されます。

DSC07450.jpg

牡蠣ビビンバや牡蠣クッパ等などの単品もありますが、モリョ定食にはメインのお料理プラス牡蠣の塩辛、生牡蠣、牡蠣のジョンがセットになって、牡蠣づくしが楽しめます。

生牡蠣は10月~4月頃までらしく、ギリギリ4月の最終日ということで生牡蠣が出てきました。夏場は違うお料理に変更されるみたいです。

DSC07456.jpg

こちらの牡蠣は毎朝産地から直送される新鮮な国産の牡蠣のみを使用しているそうです。生牡蠣は小ぶりですが甘みがあり、お口に入れると溶ろけるうまさ!

サービスで白いご飯もいただけるので、牡蠣の塩辛をご飯に乗せてごま油を少しかけていただくと、これもうまい!!!でも、ちょっときびしいことを言わせていただきますと、ご飯がパサパサ。日本のフワフワご飯に乗せて食べたい。サービスなのに文句言っちゃってごめんなさい。

DSC07454.jpg

メインの牡蠣の石焼きビビンバがこちら。

DSC07453.jpg

しょうゆベースのたれをお好みでかけて、まぜまぜ。

DSC07455.jpg

ご飯にはヒマワリの種とかぼちゃの種が入った雑穀米を使用、なかなか凝っています。韓国料理は辛いものが多いですが、こちらのお料理は辛くないので時々こういうものが食べたくなります。

石鍋入り牡蠣クッパ(クルトゥッペギ)もまた、おいしいらしいので次回は牡蠣クッパを食べたいな~♪


■牡蠣料理専門店 모려 (モリョ)
ソウル特別市鐘路区内需洞167 大宇ビル 地下121号
電話:02-723-9994
営業時間:11:00~21:00 (15:00~17:00はお昼休み)
休日:土、日、公休日




ソウル市庁広場でセウォル号沈没事故犠牲者の冥福をお祈りしました。

DSC07498.jpg

犠牲となった多くの方々のご冥福を心よりお祈りします。

そして、現在も行方不明のままの方が1日も早くご家族のもとに帰れますように。

関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国ソダム出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

2019年4月〜韓国ソダム出版からゴンさん(박건우)の新刊「느리게 천천히 가도 괜찮아」出版。タイトルの日本語訳は「のんびりゆっくり行っても大丈夫」です。私たち日韓貧乏夫婦の台湾一周徒歩旅行記(韓国語版)です。

2019年11月〜YouTube配信中!




月別アーカイブ