残念なラーメン

安岩(アナム)駅周辺の安い店特集。今回は先日値下げの看板を見つけたラーメン屋さん「博多」です。



ゴンさんは豚骨ラーメン、私は味噌ラーメンを注文。キムチとたくわんが出てきました。



ゴンさんの顔…格好つけてんのかな?

いったん味噌ラーメンが運ばれてきた!と思ったらまた持っていかれた。違う席の注文だったみたい。

味噌ラーメンが置かれた瞬間、なんか臭かった…

で、少しして豚骨ラーメンと味噌ラーメンが来ました。うん、やっぱり臭い!近くで匂うと味噌の匂いなのかな?あまりおいしそうな匂いではない…

味噌ラーメン5,000ウォン。トッピングはチャーシュー2枚とネギのみ。



こちらは豚骨ラーメン5,000ウォン。





食べてみると劇マズではないけど…5,000ウォンならギリギリ我慢できるかなという味。安くても2度目はないです。

お店のテレビで秋山さんとサランちゃんが登場する番組がやっていました。サランちゃんかわいい~♪



こんなシステムを発見!これ、何かわかりますか?携帯電話の充電サービスでしょうか?



それでは、次回の安岩の安い店特集はこれにします。



ポッサム定食+テンジャンチゲがなんと5,500ウォンです!



では、おやすみなさい~☆

関連記事

コメント

はじめまして

こんにちは。全く違う韓国生活されていて日韓夫婦で面白いなと拝見しました。私はもう韓国は生活圏になってしまい、旅行者的な発見が皆無なのですが、ディープでカオスな韓国がブログで垣間見れて たくましさに尊敬します。

Re: はじめまして

koukouさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
koukouさんのブログにもお邪魔させていただきますね!

ショックだよね~笑

みきちゃん、えらいラーメン好きやな~!
私の中でのみきちゃんは、UFO&冷やし中華withマヨネーズなんだけどね(*^^*)

海外で食べるラーメンって、物凄いハズレあるある。でも、例えそれが日本人経営でもかろうじて許してあげよう!と、思えない?笑 ショックだけども

次なる新たな美味しいラーメン屋&食べ物屋楽しみにしてるね!

Re: ショックだよね~笑

マヨネーズは今でも色々なものにかけまくってるから、韓国人にはびっくりされるよ。
日本にいるときにはラーメンがそこまで好きじゃなかったけど、
韓国で日本食屋さんはいっぱいあるけど、ラーメンは値段も味も納得できるイメージがあって、
それで、韓国料理に飽きてきた頃にラーメンが食べたくなるね!
で、そういうユキちゃんもめっちゃラーメンが好きなイメージ!
なんやったけ、ラーメン二郎?あれが好きなイメージやな~!

マヨネーズ!

ベトナムでマヨネーズを流行らそうと、奮闘しているお友達がいるの!
ベトナム料理に、これはマヨネーズありが絶対イケてるってあるかな~?
韓国で、マヨネーズ使いまくってビックリされてるならきっと良いアイディアが 笑 韓国では、皆、マヨネーズあんまり使わないの?

私は、海外でよくお寿司食べるよ!和食が恋しくなったら。海外で、ラーメンと寿司って同じくらいの価格じゃない?ラーメンより寿司のほうが激マズに出会うことが少なくて!笑 タイなら、確実にバミーの方が美味しいと思う。ラーメンより 笑

東京来てから、ラーメンが大好きになって。二郎も好きだったけど、今は、煮干し系かな~!ソウルにも煮干し系ならぜひ、試してみて!

Re: マヨネーズ!

韓国人はあまりマヨネーズ好きな人っていない気がする…
韓国人はコチュジャンが大好きでさ~なんにでもコチュジャン!
料理もほとんどが赤い唐辛子使ってるし、はっきり言って飽きる…

韓国にもお寿司屋さんあるけど、1回しか行ったことないな?
日本の寿司屋さんのチェーン店で、さすがにおいしかった!
寿司やな!寿司が間違いないな~!食べたい~!!!

ずーっと気になってた店です
何回も行ったり来たり立ち止まったりして悩んで結局入りませんでした^^;;良い意味良かったです
心残りありません(笑

Re: タイトルなし

オンマさん、こんにちは。
オンマさんも安岩に住まれていたんでしょうか?
このラーメン屋さん、お店の外観はおいしそうな雰囲気なんですよね。
食べなくて正解ですよ!

2つ先の駅に現在も住んでます^^

Re: タイトルなし

オンマさん、マートのあるところですね。
よく行きました。
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR