ヌルンジペクス

2014年10月18日、在韓日本人ブログ記者団のモニターツアーで南漢山城(ナマンサンソン)を訪れました。

南漢山城を軽くハイキングしたあとは、こちらの食堂「석촌(ソクチョン)」で昼食をいただきます。



外にもビニールハウスで作った席があり、韓国人の団体様が誕生日パーティーをしていました。韓国のおじさま達、活気があります!



昼食メニューはヌルンジペクス(おこげと鶏の水炊き)。ヌルンジとはおこげのこと。ペクスとは鶏の水炊きのようなお料理です。



ヌルンジペクスには、鶏肉、あわび、なつめ、かぼちゃ、栗、銀杏等が入っています。煮込んだ鶏とおこげはとっても柔らかくて優しい味。韓方の味がして身体にも良さそう。味付けは薄めなので、好みで塩を付けていただきます。



ムッ(どんぐりの寒天)のサラダ。私、このサラダが大好き!ムッは味はほとんど無く、もちっとした食感。それをたっぷりの野菜と共に、ゴマ油や唐辛子を使ったタレでピリ辛に和えてあります。



ナムル等の野菜もたくさん。それぞれの野菜にあった味付けがされていて、全部おいしい!



豆腐はキムチと一緒に食べるそうです。



どのお料理もおいしくて、お腹いっぱいいただきました。たくさん食べても消化に良さそうなお料理です。

食後は、南漢山城文化祭の見学です。




韓国観光公社在韓日本人ネットワーク
http://www.facebook.com/japannetwork
http://www.ameblo.jp/ktojapannetwork/

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR