チーズ作り体験

先日参加した農業体験ツアーではキムチ作り体験とチーズ作り体験をしました。

チーズ作りは、京畿道(キョンギド)驪州(ヨジュ)にある은아목장(ウナ牧場)で行なわれました。マスコミにも取り上げられ、有名な牧場なのだそうです。







牧場のオーナーが直接チーズ作りの指導をしてくれます。後から聞いた話では、北海道の牧場で勉強した事があるとか。



必要なものは各テーブルに準備されています。白い豆腐のとうなものは、モッツァレラチーズの素となるカードと呼ばれるもの。1Lの牛乳から約100gしか取れないそうです。朝の5時頃に絞った牛乳をその日のうちに加工したもので、新鮮そのもの!



カードを柔らかくするため、69度のお湯に浸します。柔らかくなったら、塩を練り込み、またお湯に入れ…この辺りもうあやふや…



チーズをまとめて伸ばして、三つ編みして完成!出来上がったチーズは、持ち帰れるようパックに入れてもらえます。どうやって食べればおいしいかな?



続いてチーズトッポッキ作り。作ったチーズを入れるのかと思いきや、市販のとろけるチーズを使用していたような?それはともかく、普通のトッポッキみたいに辛くなく、イタリアンスパゲティみたいでおいしかった!



オーナーのコレクションでしょうか?牛グッズがたくさん飾られ、目を楽しませてくれました。



日本のものもあります。



日本のヨーグルトの空きカップまで。



「やっぱ牛乳でしょ!」ってCMがあった気がする。



自由時間もあったので、外にいる動物達と遊びました。



子牛かわいい~!



羊は逃げ回っていました。



参加していた子供達が自然の中元気に走り回っていて微笑ましかったよ~!



それから、ファームの至る所に描かれているイラストがなんだか…ツボ。











3つのミッションを早くクリアすればプレゼントをもらえる企画ではゴンさんのおかげでプレゼントをゲット!コスプレ写真、羊と馬の写真を送信すればいいだけ。隣の女の子(知らない子)かわいいな~!



もらったプレゼントは、ヨーグルトとミルクジャム&クラッカーでした。



プレーンヨーグルト、甘くて凄くおいしいです!はちみつとドライフルーツ乗せがお気に入り。



ウナ牧場とっても楽しめました。お子様連れにおすすめです。

■은아목장(ウナ牧場)
住所:경기도 여주시 가남읍(京畿道 驪州市 加南邑)
電話:031-882-5868
http://www.eunafarm.com/

関連記事

コメント

こんにちは。ここ、韓国のテレビCMで見たことがあり行ってみたいなーって思っていました。面白そうですね。情報ありがとうございます☆

Re: タイトルなし

junjunさん、こんにちは!
私は、行ってみるまで知らなかったのですが、junjunさんCMで見たことあったんですね!
ソウルからそれほど遠くなく、自然や動物に触れ合え楽しめましたよ!
ただ日本語の情報もないし、なかなか個人的には行きにくそうなのが残念です。
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR