韓国精進料理体験

先週末に韓国観光公社主催による在韓日本人ブログ記者団の取材旅行で、光州(クァンジュ)と潭陽(タミャン)に行って来ました。それでは、しばらく光州・潭陽ツアーの様子をお届けします。

光州に到着して、まず初めに行ったのは「ピッコウル自然精進料理体験館 (ピッコウチャヨンサチョルウムシッチェホムグァン)」。こちらでは精進料理を作って、それを昼食としていただきます。

今年オープンしたばかりの新しい精進料理文化体験館。多彩な精進料理と茶文化を総合的に体験することができます。光州の証心寺と자비신행회が共同で、光州国立アジア文化殿堂の近隣に開設。展示や体験スペース、そして40人余りが同時に精進料理を学ぶことできる教育スペースなどを備えています。



まずは、ビデオ映像で精進料理について簡単にお勉強。テーブルにはお菓子とお茶!



精進料理とは、簡単に言うと菜食。動物性のものを摂らないことです。

6品の料理を習います。先生が実演しながら作り方を説明してくれます。実際に私達が作るのは、蓮の葉ご飯、ツルニンジン、海苔のおひたしの3品。



必要な材料は各調理台にあらかじめ準備されています。エプロンを付け、4人1組で調理スタート!



生の蓮の葉にもち米を乗せ、松の実、胡桃、なつめ等をトッピング。それを包んで蒸し器で蒸します。



ツルニンジンの皮を剥き、半分の長さに切り、さらに縦に半分に切ります。棒で叩き平たく延ばし、もち米粉をまぶしてフライパンで焼きます。



海苔は食べやすい大きさに切り、3枚ずつくらいを合わせ調味料に付け重ねていきます。



3種類の料理が完成したら、先生が実演してくれた料理も併せて、いただきま~す!



あらかじめ用意していただいた付け合わせもあり、精進料理とは言え結構豪華です。かぼちゃのお粥がとてもおいしかった!



こちらでは時間の余裕が無かったせいで、作るのも食べるのも忙しかったのが少々残念でしたが、おいしく楽しい経験ができました。韓国の仏教文化にも感心が強くなりました。




韓国観光公社在韓日本人ネットワーク
http://www.facebook.com/japannetwork
http://www.ameblo.jp/ktojapannetwork/

関連記事

コメント

次回、仙人宿で、その講座の一部でも御披露してほしいですなぁ。たのしみに待ってま~す。

Re:

敬助さん
せっかく習ったのに、忘れてしまってはもったいないので、もう1度家で復習してみます。
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR