fc2ブログ

潭陽(タミャン)のヒーリングスポット

光州(クァンジュ)・潭陽(タミャン)ツアー、2日目がスタート!

潭陽と言えば竹、ということで朝から向かった竹をモチーフにしたデザインのこちらの建物。



建物の中は、竹にまつわる展示が少々。来年2015年に開催される潭陽世界竹博覧会をPR中です。



そして、潭陽で絶対に外せない観光スポット「竹緑苑(チュンノグォン)」へ。写真で見て以来、行ってみたかった場所です。



竹と言えばパンダ、ということでしょうか?



いたるところにパンダ。これじゃまるで中国みたい。パンダは韓国には生息してないよね。



広い竹林を縫うように散策コースが作られています。想像以上に広い。写真で見た風景がずっと続いています。



竹に落書きしないでね。



幻想的な竹林…に、なぜかパンダ!



もうパンダにしか目がいかない私。







人気バラエティー番組「1泊2日(イルバクイイル)」、イ・ジュンギ主演のドラマ「一枝梅(イルジメ)」を始め数々のドラマや映画の撮影地としても有名なんだとか。



開けた場所に出ました。遠くには、人が横たわっている姿に見えるという山。



紅葉が美しい公園でひと休み。



続いて、竹緑苑から車で5分ほどのメタセコイヤの並木道へ。2006年「韓国の美しい道100選」最優秀賞を受賞した美しい並木道です。



潭陽の案内と通訳をしてくれた方のセカンドハウスがあるとのことで、訪問することに。メタセコイヤ並木の奥にペンション&カフェを営んでおられました。その名も「메타story(メタストーリー)」。



そして、いきなり押しかけた20人もの団体に、飲み物を振舞ってくださいました!奥様、ご迷惑だったでしょう。



カフェの裏にバンガロー風ペンションがあります。



週末は1部屋10万ウォン、4人まで宿泊可能とのこと。



こんな所に泊まって、潭陽の見どころを巡るのも良さそうですね。



■메타story(メタストーリー)
住所:전라남도 담양군 담양읍 메타세쿼이아로 136
電話:061-381-1560




韓国観光公社在韓日本人ネットワーク
http://www.facebook.com/japannetwork
http://www.ameblo.jp/ktojapannetwork/

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

『朝鮮紀行』

イザベラ・バードの『朝鮮紀行』を読んでいたら、バードが潭陽を訪れて潭陽八景の美しさを賞賛していました。彼女は漢江を遡って島が並んでいる風景に主に感銘を受けたようですが、今回の記事で紹介している竹林も巡ったかもしれませんね。
韓国は首都圏よりも地方都市の方が面白いかもしれないと思っています。
ソウル明洞や仁川観光することも否定しませんけど。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国ソダム出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

2019年4月〜韓国ソダム出版からゴンさん(박건우)の新刊「느리게 천천히 가도 괜찮아」出版。タイトルの日本語訳は「のんびりゆっくり行っても大丈夫」です。私たち日韓貧乏夫婦の台湾一周徒歩旅行記(韓国語版)です。

2019年11月〜YouTube配信中!




月別アーカイブ