6,500ウォンのモーニングビュッフェ「RICHEMONT(リッチモント)」

先日、弘大(ホンデ)エリアのホテルに宿泊する機会があったのですが、朝食に偶然入ったカフェ「RICHEMONT(リッチモント)」がかなり良かったので紹介します。ちなみに宿泊したホテルはBenikea Home the M Hotel(ベニキアホームザエムホテル)。こちらのホテルからは歩いてすぐです。

お店は、地下鉄2号船弘大入口(ホンデイック)駅1番出口からだと徒歩15分ほど。1979年から続いている、地元ではよく知られた有名な製菓店です。ちなみに梨大にも支店があるようです。

写真が無くて残念ですが、かなり広い店内の半分はカフェコーナー、半分はベーカリーになっています。パンはもちろん、焼き菓子やケーキ、チョコレートなど種類がとても多く、どれもおいしそう。

韓国では珍しく午前8時から営業していて、午前8時から9時半は6,500ウォンでモーニングビュッフェが利用できます。

ビュッフェの内容は、パン4種類、ハム、チーズ、バター、ジャム、オレンジジュース、ミルク、それにコーヒーが1杯セットになっています。

パンの種類は少ないですが、朝ご飯にぴったりのあっさり系のパンがおいしく、特にバターとジャムが最高。チーズとハムも普段は高くて食べないので、ここぞとばかりに食べておきました。笑

大きなカップに淹れ立てのコーヒーは、これだけでも6,500ウォンはしそうなおいしいコーヒー!リフィル(お代わり)は1,000ウォンで可能。2杯目は、ビュッフェコーナーのミルクを入れてカフェオレにしてみました。

とても落ち着いた店内。お店の方も感じが良く、大満足の朝ご飯でした。家が近ければしょっちゅう通いたいお店。でも、ある意味遠くて良かった。

こちらのお店、シュークリームが激ウマらしいです。次回はシュークリームも食べてみたいな。

【RICHEMONT(リッチモント)】
住所:서울시 마포구 월드컵북로 성산동 114-5(ソウル市 麻浦区 城山洞 114-5)
電話:02-325-0221~2
時間:8:00~23:00

関連記事

コメント

行ったことあります

数年前に行ったことありますが、その時は確か5000wだったと思います。
弘大入口駅から遠いので、わざわざ行くまでもないかと思いましたが、近くに泊まるならまた行ってもいいかなと思いました。

Re: 行ったことあります

ともりんさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
以前は5,000ウォンだったんですか〜!そう考えるとだいぶ値上がりしていますね。
普段パンとバターとハムとチーズに飢えている私には、とても満足でした!笑
確かに、日本からわざわざ行く必要はないですよね。
ともりんさん、韓国に詳しそうなので、おすすめ情報があればぜひ教えて欲しいです♪

我家から歩いて行けますね

気にはなっていたのですが、今度行ってみよう!

Re: 我家から歩いて行けますね

shinjaさん
はい、shinjaさんの家からかなり近いと思います。
今回宿泊したベニキアホテルtheMからもすぐでした。
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR