鍾路3街(チョンノサムガ)ポッサム通り「장군보쌈(将軍クルポッサム)」

今日は、日韓貧乏夫婦の恩人であるジョタン(37歳独身男)が公州からソウルに来たので、おもてなしをします。

クルポッサム(牡蠣と茹で豚)を食べようと言うジョタン。私も食べたい!

クルポッサムを食べるチャンス到来。鍾路3街(チョンノサムガ)駅15番出口を出て、1本裏通りへ入るとクルポッサムのお店が並ぶ「クルポッサム通り」があります。



この細い通りのほとんどのお店がクルポッサムとサービスのカムジャタンという同じメニューで勝負しています。



私達が入ったお店は「장군보쌈(将軍クルポッサム)」。



굴보쌈(クルポッサム)중(中)28,000ウォンを注文。



クルポッサムを注文すると、サービスのカムジャタンが登場。



そして、メインのクルポッサムも登場~!お皿の上には、スライスした茹で豚、キムチ、それに凄い量の生牡蠣がごろごろ!



私、生の白菜に乗っけて食べるのが好き。



豚肉は臭みが無くて柔らかく、キムチは干し大根と白菜のキムチ、甘みがあってめちゃくちゃおいしい。牡蠣も新鮮で、この間牡蠣のせいでお腹痛くなったのに、おいしいからがっつり食べちゃうよね~!



それから、このお店で1番おいしくてびっくりしたのがサービスのオジンオポックム(イカ炒め)。ごま油なのか唐辛子がとても香ばしく、今まで食べたどのオジンオポックムよりおいしいと3人が大絶賛でした。



3人でお腹いっぱい食べてビール2本頼んで、38,000ウォンでした。お皿に1切れ残った豚肉は遠慮の塊ではなく、お腹がいっぱいで誰も食べられなかったもの。



3人久しぶりに会って、おいしくて、楽しい食事でした。



■장군보쌈(将軍クルポッサム)
住所: 서울특별시 종로구 관수동 40-2(ソウル特別市鍾路区観水洞40-2)
電話: 02-2274-9548

今晩はこちらのお部屋に泊まっていただきます。



関連記事

コメント

おいしそうですね~

馬耳山を検索していて、こちらのブログを知りました。
面白いですね~。お2人すごくお似合いだと思います。
本、次回韓国に行ったら買います!
クルボッサムもランチあるみたいなので、今度行ってみます。

Re: おいしそうですね~

tolmengiさん、コメント嬉しいです!
ブログを更新する度、誰かコメントくれるかなと期待しているのですが、コメントがあまりなく、少しへこんでいました。笑
クルポッサム、ランチもあるみたいですね!どの店もおいしそうですね。私も機会があれば、ランチでいろいろ食べ比べてみたいです。
見ていただきありがとうございます。これからもよろしくどうぞ。

うらやましいです

おもてなしに
今年流行の韓国式テント+ふとんが素敵です。
お二人で身軽に楽しくされているのみると とてもうらやましいです。
わたしは三人の子持ちですが 常にトランク一つで下宿暮らししていた時に戻りたいと思っています。
ブログアップ楽しみにしています。

Re: うらやましいです

さちこさん
コメントありがとうございます。
家の中でのテント、夏場は蚊帳代わりにもなり、冬は暖かく快適です。
家があると、段々物が増えてきてしまいますね。
ブログの更新楽しみと言われると、励みになりますね〜!
ご覧いただきありがとうございます。

クルポッサム美味しそうですね
未だ私ちょっと怖くて韓国で牡蠣食べたことないんです(笑)
火を通してあるのは食べましたが。。。
いつか挑戦してみたいので
その時はいいお店紹介してくださいね!

Re: タイトルなし

ユナーさん、こんにちは。
クルポッサム、とってもおいしかったです。
確かに生牡蠣は食べるのに勇気がいります。
が、ひと口食べればおいしくて止まらなくなるはず。笑
とりあえず今回は何の症状も出ていません。
良かったです!

テントの中のぬいぐるみに、ニコッとなりました。笑
可愛らしいですね~。
最近の韓国での流行りなんですか?

牡蠣は大好きだし、年末も鍾路に行くので、行ってみたいです。(^O^)
今回始めてコメントしました。更新を楽しみにしてますよ~

Re:

sachiko 1004様
コメントありがとうございます~!
ぜひぜひチョンノのクルポッサム食べてください。ランチタイムの定食も良さそうですね。
韓国で室内テントが流行っているとは知らなかったのですが、どうやらそのようです。光熱費削減対策ですね。

ジョタン、かっこいいね。そしてこのテントで休んだと思うとイイ感じ。

Re:

りうめいさん
ジョタンは、めちゃくちゃ性格がいいの。
冷めてて、わざとらしくない優しさのある男。現在、ソゲッティン募集中です。


ジョタンくん、イケメン(*^.^*)
独身ってことは、チャンスありか?!笑

Re: タイトルなし

ジョタン、ええ男やろ。
結構もてるんやけど、長いこと彼女おらんみたいやわ。
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR