バラナシの安宿

オートリキシャに連れてこられた宿は意外に居心地が良くて、結局2泊しました。

そういえば火葬場の近くの宿に好んで泊まっていることに気付きました。ゴンさんは何度も火葬場に行くし、いつまでも人が焼けるのを見ています。ゴンさんから火葬場の臭いがする…

日本に居ると、死体を見る機会なんて滅多にないのに、バラナシでは細い路地を担がれて運ばれていく死体を1日に何度も見ます。ガンガーまで運ばれた遺体が焼かれていく光景も見ることができます。顔も脚も見えているけど、燃えている死体はただの木のよう。棒で叩かれ砕けて灰になり、河へと流れていきます。私も狭いお墓に埋められるより、こんな風に灰になって自然に還りたいな〜


2つある火葬場のうちの1つハリシュチャンドラガートの階段を上がるとすぐにソンモニーというゲストハウスがあります。

外観が立派なので高いのではと思いながらも、部屋を見せてもらいました。今泊まっている宿は250Rsだと言ったら、200Rsにディスカウントしてくれると言うので、バラナシの残り2泊はこちらに泊まることにしました。



部屋が広くてスイッチを入れてから10分後にはホットシャワーがいつでも使えます。ベッドにタオルが1枚置かれていましたが、なんだかしっとり…屋上はガンガービューですが、火葬場から24時間毎日煙が出ているのでその臭いと、外からの音が少しうるさいですが、私達には充分満足の宿でした。

■Hotel Sonmony
B6/91-A Harishchancha Ghat
Tel: 0542-2277588
ハリシュチャンドラガートからすぐ。ディスカウントしてもらいました。W200Rs

■Mishra Guest House
C.k.8/178 Garwasi Tola, Gaumath
Tel: 0091-542-2401143
マニカルニカーガートの近く。屋上からの眺めが良い。W250Rs

泊まってないけれど、チェックした宿を紹介します。値段は部屋や時期に寄って変わるので参考まで。

■Puja Guest House
D1/45 Lalita Ghat
Tel: 0542-2405027
ヴィシュワナート寺院の近くの細い路地を入った所。屋上のレストランから
の眺めが良い。S150Rs~ W400Rs~

■久美子の家
有名な日本人宿。今は韓国人の利用者が多いようです。新館では10Rs/1hでWiFi利用可。ドミ60Rs S150Rs~ W350Rs~



関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR