チムチルバンの人間模様

今日もソウルは寒い…雪が本格的に積もりそうです。



昨日はチムチルバンにかなり長居して、天国を味わいました。で、家に帰ったら地獄…地獄とか言ったら駄目ですよね。家に帰ったら凄く寒いので…

昨日はチムチルバンに居る時に、早まってブログ更新をしてしまいましたが、その後ちょっとおもしろいことがありました。

ずっと閉まってた奥から3番目の「チャムスッカマ」を開けます。



釜内部で木を燃やし、閉じていた釜の蓋を開けたところ。窯のおじさんが窯を開けると同時に、凄い勢いで窯の前に陣取る人々。前屈みなのは、こちらのカメラを避けて…ではなく、おじさんが持っている鉄の道具が当たらないように避けているんだと思います。



常連さんなんやろうな~めちゃくちゃ慣れてるし。窯の前の場所取りを巡ってちょっとした言い合いもあったり。

私もあの前に座れたら、一人前の韓国アジュンマの仲間入りや。いや…まだいいや。離れた場所でもかなり暖かかったよ。

ちなみに私達が行ったソギョンスパレックスでは、火、木、土の週3回、夕方6時半に来れば、これやってるそうです。

小学生くらいの男の子が3人、ずっとやかましく走り回ってました。親はどこや~!おとなしくさせてくれ…子供にはめちゃくちゃ甘いんやから。

チムチルバンを離れるのは名残惜しいが、最後にまた沐浴をしてそろそろ家に帰ります。

沐浴コーナーに行ったら、時間帯のせいか人が多くなっていました。垢すりコーナーのおばちゃんは2人になってた。もう1人のおばちゃんのパンツはヒョウ柄!さすが韓国のおばちゃんの中のおばちゃん、期待を裏切りません。

沐浴コーナーでは、熱心に垢すりをしている方がたくさんいました。垢すりコーナーではお金を払っておばちゃんがやってくれますが、皆さん自分の垢すりタオルを持参していて、自分で擦ったり、家族や友達と擦り合いっこしているみたいです。それから、若い女の子が2人、お互いの脇毛を剃り合っていたのにはドン引き。それとも、普通はそうなの?私には脇毛剃ってくれる友達居ないから?

■서경 스포렉스(ソギョンスポレクス)
住所:서울특별시 성북구 서경로 124 서경대학교→MAP
電話:02-919-4441

関連記事

コメント

今日は日本も激寒で、エアコンとファンヒーターで
寒さをしのいでます。
冷たい風と雨の中、灯油を買いに行き、
給油中に思ったのですが、韓国って灯油を使う事って
あるのでしょうか?素朴に疑問に思いました。

腋毛の剃り合いは、引いちゃいますね・・・

Re:

sachiko 1004様
日本も本格的に寒くなってきたのですね。私の日本の実家も冬の暖房器具はエアコンと灯油のファンヒーターでした。
韓国では、都市ガスのオンドル(床暖房)を使う家が多いと思います。昔は石油や練炭も使ったみたいですが、今は少なくなっているようですね。
ちなみに我が家のシャワーは灯油が燃料のようですが、燃料を買っていないためお湯が出ません。販売店に電話をすれば、タンクに補充をしてもらえるらしいです。いつかは灯油、買ってみたいと思います。

ワキ毛って 笑
ご夫妻でワキ毛に興味あるんやな~笑

Re:

yukiちゃん
ちょっとちょっと~!
夫といっしょにせんといてくれぅ~!笑
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR