台湾一周徒歩旅行の荷物

いよいよ台湾出発ですが、出発前日になって慌てて荷物のパッキングをしました。あまりにも部屋が寒く、家に居る間は1日中薪を燃やして終了…という感じの日々を過ごしていました。逆に出掛けたほうが暖かいっていうね。

荷物はできる限り軽くしかったのですが、結構重くなってしまいました。2人とも9kgくらいかな?

それでは、約3ヶ月間の台湾一周徒歩旅行の持ち物を公開します。

【私のバックパック】
1 バックパック
長年愛用しているバックパックは、モンベルのチャチャパック。容量は45リットル?本体以外にもポケットが多いので便利です。

2 マット
サーマレストZライトソル。バックパックに入ることは入るが、半分くらいを占領しているのが難点。外付けにした方がいいかも。

3 傘
Helinox(ヘリノックス)からの提供品。

4 ストック
Helinox(ヘリノックス)からの提供品。

5 ざぶとん
日本のダイソーで買った軽くてかわいい折りたたみアウトドア用ざぶとん。普段は家でも使います。

6 着替え
2日分くらいの着替え。

7 寝袋
モンベルの寝袋(U.L.スーパースパイラルダウンハガー#3)。

8 レインウエア
先日購入したミズノのカッパ(ベルグテックEX ストームセイバーⅣ レインスーツ)。

9 ダウンジャケット
モンベルのウルトラライトダウン。

10 食器類
タッパー、カップ、水筒、電気コイル、コーヒードリップ用フィルター、箸、スプーン、非常食(味噌汁)、コーヒー豆を巾着袋にまとめています。

11 ヘッドライト
マムートのコンパクトなヘッドライト。単三電池使用なのがポイント。

12 化粧品類
馬油、ホホバオイル、日焼け止め、爪切り、綿棒、洗濯バサミ、洗濯紐、S字フックなどを無印良品のトラベルバッグにまとめています。

13 洗面道具
身体洗うタオル、石鹸、歯ブラシ、歯磨き粉。

14 生理用品

15 常備薬
湿布、絆創膏。



【妻携行品】
1 サブバッグ
全州のオンニにいただいたLafumaのウエストバッグ。

2 スマホ
iPhone4を紛失したため、iPhone3…Wi-Fi環境でのみ使用可能。

3 カメラ
Lumixのデジカメ。

4 浄水器
水道水を入れれば飲めます。これのおかげでペットボトルの水を買う必要が無くなりめちゃくちゃ経済的。

5 方位磁石
方位磁石と温度計が付いたカラビナ。

6 ライト
太陽光と手回し充電式ライト。

7 反射板
どこかでもらった腕に付ける反射板。暗い時に歩く場合は使う予定。

8 貴重品袋
腰巻タイプの貴重品袋にパスポート、クレジットカード等の貴重品を入れています。

9 サングラス
インドで買った安物のサングラス。



【夫バックパックの中身】
1 バックパック
昔私が使っていたミレーのバックパック。容量は30リットル?破れを修理しながら使っていますが、そろそろ限界。

2 マット
ゴンさんがスペインで拾った銀マット。

3 傘
Helinox(ヘリノックス)からの提供品。

4 ストック
Helinox(ヘリノックス)からの提供品。

5 ざぶとん
韓国のダイソーで買ったアウトドア用ざぶとん。韓国のダイソーのは薄っぺらくて安っぽい。

6 着替え
2日分くらいの着替え。

7 寝袋
モンベルの寝袋(U.L.スーパースパイラルダウンハガー#5)。

8 シルクシーツ
寝袋の汚れ防止にもなり、温かさも変わるらしい。

9 レインウエア
先日購入したミズノのカッパ(ベルグテックEX ストームセイバーⅣ レインスーツ)。

10 ダウンジャケット
イオンのダウンジャケット。低価格高品質。

11 テント
Helinox(ヘリノックス)と同じDAC社のポール採用の韓国製テント。

12 ウォータープルーフバッグ
濡れて欲しくない物はこの中へ。

13 タオル
速乾性のあるトラベルタオル。

14 食器類
チタン製のコッヘル、カップ、スプーン。



【夫携行品】
1 サブバッグ
タイで買ったカバンの中に財布、スマホ、デジカメ(SONY RX100)が入っています。黄色いのは、夫婦色違いのミニライト。

2 電子辞書
台湾の方とのコミュニケーション用。

3 充電器
カメラやスマホの充電器類。

4 ウォータープルーフバッグ
雨が強い日に電化製品を守ります。

5 ミニミキ
手作りの人形。

6 ミニファー
ファーファのちっこいの。



昨日、ソウルのロッテマートで買い足した靴下。意外に指割れ靴下の品揃えが多いロッテマート。ただし、男性用。



ソウル駅の通路で売っていた上下セットのヒートテック?欲しかった黒が無かったので選んだのがこの花柄の上下セット6,900ウォン…私どうかしてるわ。でも、薄くて暖かく、動きやすいので活躍してくれそう。



関連記事

コメント

いよいよ出発ですね!!
また楽しいレポを楽しみにしています!
お体に気を付けて いってらっしゃ~い(*'▽')
ちなみに私また今週末から
極寒のソウルです(*´Д`)

ミニミキかわいい!持ち物まとめが細かい、みきちゃん几帳面!
わかりやすい!
いってらっしゃーーーーい!

Re:

ユナーさん!マジですか!?
この極寒のソウルにまた来ようとは…
寒さに負けず楽しんでいるユナーさんの姿、目に浮かびます♪いろいろと(笑)お気を付けて!

Re:

マサヨさん、コメントありがとう!
持ち物まとめ、もっと詳しく書きたいとこなんだけどかなり適当だよ〜!
ミニファー君もかわいいでしょ?

荷物の紹介面白かった!
そうだよね~ちゃんと準備しなくっちゃね~><
っていうか、夫君の携帯バックに人形が二個も入っているのにウケたよ。

Re:

azumiちゃん
荷物の紹介おもしろかった?良かった!
うちの夫、いつも人形としゃべってます。
かわいいでしょ。

旦那様素敵!♥︎

日韓ビンボーです♥︎久しぶりです(o^^o)ミニミキ持っていくなんて、
本当に愛されてますね(o^^o)
思わず笑みがこぼれました♥︎

Re: 旦那様素敵!♥︎

nanakaさん、こんにちは♪
家にたくさんのぬいぐるみがいて、夫は彼らとしゃべっていますよ。笑

ミキちゃん、最後の写真は載せたら反則やろーーー笑

ヒートテックをおもしろおかしく売ってるおばちゃんか
芸人さんかと思ったわ~\(◎o◎)/

Re:

yukiちゃん、つっこんでくれてありがとう!スルーされたらさみしいわ。

台湾旅行

 歩いていろんな所にまわる。ゆとりある台湾旅行!うらやましい旅行です。自分もバックパーカーしましたが、荷物を背負ったまま自由気ままにいろんなところへ行けるし!よかったです。

Re: 台湾旅行

クラさん、コメントありがとうございます。
台湾を歩いて旅したのは、良い経験でした。
台湾の方の人柄とか、自然とか、古い建築や文化を各地で見ることができました。
あと、食べ物ですね!食べ物は安くておいしいものがたくさんあります。
台湾大好き!また行きたいです。
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR