テント泊の不安

【2014年12月11日】
歩行距離:台北→汐止 23.15km
出費:730元

意外と居心地の良かったゲストハウス「Taiwan Mex(台湾メックス)」をチェックアウトしていよいよ歩き始めます。

宿の近くの食堂で朝ご飯を食べました。安くておいしかった!



小籠包8個60元。高級店にはかなわないけど、60元で小籠包を食べられて満足。



肉包18元。生地がふっかふか!



徒歩移動初日の今日は23.2kmを歩きました。目標にしていた1日20kmを達成できて嬉しい。

7km地点と14km地点の2回、食事休憩をしました。お昼に入った食堂は、選ぶおかずに寄って値段が違うのか?これで90元。ご飯は15元なのでご飯をもう1個追加しました。



夕飯はセブンイレブンの大乾麺50元と台湾風おにぎり30元。台湾のセブンイレブン、レベル半端ないです。おいしすぎて、もう食堂じゃなくていい。逆にセブンイレブンの食べ物いろいろ試してみたい。



ミルクティーは10元。休憩スペースがあるのでとても救われます。



朝から少し雨がぱらついていたけど、昼過ぎから本格的に降り始めてちょっと辛い。

今日は台北から東方向に23km歩いて新台北汐止という場所。都会なので、テントを張れそうな場所を見つけられず、かなりさまよいました。

探し始めるのが遅かったのが悪かった気がする。結局、人けのない公園にテントを張りました。誰にも許可を取っていないから、軽く休んで朝早いうちにテントをたたまないといけない。

もちろんシャワーも洗濯も歯磨きさえもしていないし服もそのまま。トイレも近くになさそうだし、早く移動するしかない。

今のところ、歩くことよりも他の不安が大きい。明日はお願いだから晴れてくれ!

明日はゴンさんがカウチサーフィンで探したホストに泊めてもらえることになりました!泊まる場所が決まってとても安心。

けど、この先こんな感じでやっていけるのかな。精神的にもっと強くなりたいわ。

そうだ、今日はゴンさんの記念すべき30代突入のバースデーでした。

歩いている時に目についたベーカリーショップでおいしそうな焼き菓子を買いました。ゴンさんのバースデーケーキです。



テントの中でささやかなバースデーパーティーをしました。ベーカリーで買ったケーキは、パイ生地がサクッサクで期待を裏切らないおいしさでした。プレゼントも特別なことも何にもしてあげられなかったけど、2人健康で一緒にいられるのが1番のプレゼントだからね!



センイルチュッカヘ!ゴン!私と同じ30代やで。

関連記事

コメント

旅が終わる頃には今以上に精神的にも強くたくましい素敵なみきちゃんになっているに違いない。ごんさん、お誕生日おめでとう。
たのしい30代の始まりだよ!

厳しい旅でも、たのしい日記!。さすがは美樹ちゃんですなぁ。なを、テント泊。すぐ慣れるけん。わし、この前、29日間、九州一周で25泊はテント、2泊は寝袋だけ。民家に泊めてもらったのが2晩。ええ思い出になりました。

Re:

まさよさん!
ゴンさんにまさよさんからのおめでとうを伝えました。ありがとう!
そうだね〜3ヶ月後には精神強くなってるかもね。何より1人ではないことが凄い支えになってる。1人ならこんなことやりたくないわ…

Re:

そうか〜敬助さんは凄いな〜!1人でも寝袋だけで寝ちゃったりするとは、ホームレスと紙一重じゃないですか!私も慣れるといいんですけど…

素敵なバースデーになったね。雨の中ずっと歩くのは大変だね、風邪ひかないよう気をつけて。ところでビンロウ売ってる屋台あったら写真載せてほしいなあー

Re:

りうめいさん、絶対檳榔屋さん好きそうだと思った。さっそく何枚か撮ったよ〜!写真載せないとね。
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR