台湾で初ホームステイ

【2014年12月12日】
歩行距離:汐止→暖暖 14.3km
出費:214元

夜の間は雨が降り続け、風も時々強く吹いて、少し怖かった。こんな中、もしテントを撤去しろとか言われたらどうしよう…と不安であまり眠れなかった。

疲れていたせいもあって、しっかり防寒対策をしなかったので、朝方は寒かった。ダウンジャケットも着て、寝袋の中にきちんと入って寝ないと寒い。

今日も朝から雨。濡れたままのテントを撤去をするのが辛い。すでに靴の中にも水が染み込んでしまった。



午前7時頃、バックパックを背負い出発。少し歩いたところにトイレのあるセブンイレブンがあったので、ここで軽く朝ご飯を食べて、トイレと歯磨きを済ませた。至るところにコンビニがあり、休憩スペースがあるのでとても助かる。



朝ご飯はおにぎりとコーヒー、セットで安くなって49元。



汐止市からさらに東へ。



夜市が有名な基隆市まで来た。ここまで来ると台北とは風景がだいぶ変わった。



基隆市七堵駅の構内でまた休憩。ここでもWi-Fiが使える。トイレもあるし、浄水器まである。お湯も出るみたい。お茶っ葉でも持ってれば良かったな。味噌汁でも飲もうかな?



shinjaさんから差し入れの味噌汁と、台湾の編集者ペイリンさんから差し入れのお菓子でおやつタイム!



今日はお昼ご飯もコンビニ…ファミリーマート。ライスバーガーみたいなのとピーナッツミルクティー、セットで49元。それにゴンさんが選んだカレーライス58元。選んだポイントは同じ価格の他のに比べて重さが重いこと。歩いているとお腹が減ります。



本日の目的地は暖暖という所。カウチサーフィンで初めてホームステイをさせてもらいます。



暖暖は観光客がまず行かなそうなところ。暖かそうな地名なのに暖かくない。むしろ今日は寒いくらい。こんな日に家に泊まらせてもらえるなんて本当にありがたい。



待ち合わせまで時間があったので、暖暖を少しお散歩。マトリョーシカ風の乗り物がかわいい。



台湾はバナナがおいしいはず!ちょうど食べ頃のバナナが18元に値下げされてた。いかにもバナナという香りでなんとなくおいしい気がする。



暖暖の食堂で食べたご飯15元と麺25元。



あまりにも安くて驚いた。田舎に行けば安いのかな?



ホームステイをさせてもらうのは海外旅行好きの新婚夫婦のアパート。彼女は先生をしているので、夏と冬の長期休暇を利用してインドなどを旅するそう。

私達はこの部屋を使わせてもらうことに。広いしベッドもあるし充分。シャワーと洗濯機も使わせてもらって感謝しかない。



台湾では大きな声で喧嘩するような光景は見ないと思っていたけど、そうでもなかった。同じアパートの他の部屋で大声で喧嘩している…やっぱりどこの国でもあるよな。

今日歩いた距離:14.3km
トータル:37.5km

関連記事

コメント

ビンロウ早速アップありがとう、暖暖って観光地でない感じのところ見られて、ワタクシはウキウキするが、お疲れだったね。15元とかのごはん、割り箸と見ると小さく見えるけどこぶりなの?
ストーカーのように、コメしてる自分。

Re:

りうめいさん、むしろありがたいです。コメントをいただけるのを励みにブログを書いているようなものです。檳榔屋さんて何なんでしょうね〜いいですよね。絵になる。
例の安い食堂は、確かに量は少ないですね〜!

バナナのことですが
これがあの台湾バナナですね
なかなか最近日本でも見つけにくく見つけても高い台湾バナナ
いいな~
そんなところに食いつく私です(^^)
明日から訪韓で~す(^^ゞ

Re:

ユナーさん、そうなんですか?日本では台湾バナナは高級品なんですか!それを知ったら、台湾にいるうちにたくさん食べておかないと損ですね!

いつも見てます!

りうめいちゃんの友達のマッコリラテです。いつも楽しく日記見てますが、雨の中で大変そうで勝手に心配してます…
無理せずに体に気を付けてください。
夫婦で思いやりがあって素敵ですね。

Re: いつも見てます!

マッコリラテさん、はじめまして!りうめいさんから聞いています。いつも見ていただいているそうで、嬉しいです。応援ありがとうございます。とても励みになります。

お天気あまり良くない感じですね>_<お身体気をつけてください♥︎

Re:

ナナカさん、そうなんです。
雨とか曇り空で残念です。今日は晴れました!後ほどブログアップしますね。
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR