重なる偶然

【2014年12月13日】
歩行距離:暖暖→九份
出費:278元

暖暖でホームステイをさせていただき、朝はおいしいコーヒーとパンまで出してもらい、初めてのカウチサーフィンで少し緊張しましたが良い経験ができました。ホストのリュウさんとエンガスさん、謝謝。



雨が上がってくれて良かった!曇り空で少し肌寒いけど、歩くにはこれくらいがちょうどいい。



午前9時頃に暖暖を出発、途中休憩しながら、午後3時頃に九份に到着しました。

本当は九份でどこかに泊まってゆっくりしたいけど、テントが貼れそうな場所がありません。観光地は厳しいな。



今日もおいしいものをたくさん食べました。暖暖駅の近くの食堂では、ルーロー飯15元と陽春麺(ヤンチュンメン)30元。安いものを選んで食べても、おいしいのが嬉しい。



そして、昼は瑞芳駅前の美食街という所でまたルーロー飯15元と乾麵(カンミェン)。それに馄饨汤(フントゥンタン)30元。全部おいしいけど、エビワンタンみたいなのが入ったフントゥンタンというやつが激ウマ!美食街の正面から見て左側の1番手前のお店。



屋台で龍凰腿(ロンホーテー)というのを買ってみた。



練り物を包んで揚げたもの。もちろんおいしい。



そして、びっくりする出来事がたくさん起こった。まず、九份に到着してすぐにゴンさんの知り合いの団体に遭遇。たまたま韓国語が聞こえたので「アンニョンハセヨ」と挨拶したら、なんと知り合い!ツアーで訪れていたらしく時間もないので記念撮影のみして別れた。



さらに、ゴンさんの友人が、歩いている私達をバスから見かけたと連絡が来た。たまたま九份の観光案内所でWi-Fiが使えたので連絡が取れ、会うことができた。

ゴンさんの友人マークとガールフレンドのベティ。普段はこの辺にいるはずのない2人。週末にデートで遊びに来ていたらしい。なんという偶然!

行列ができて気になっていたお店。ここに入って、しばらく4人で楽しい時間を過ごした。



ここで食べたぜんざいに似たスイーツもおいしかったし、2人がいろいろと買って食べさせてくれた。すべておいしくて、本当に幸せ!



私達は九份に泊まるのは諦め、他の目的地を決めた。九份から歩いて1時間ほどの炭鉱跡があるという街。着た道を戻らなければならない。

マークとベティとはまた、会えそうな気がする。チョコレートをわざわざ買ってもたせてくれた。なんという優しさ!




30分ほど戻った所にある小学校でテントを断られ、また歩いていたら、声を掛けてくれた方が家に泊まらせてくれることに。まさかこんな事があるとは!

大きな3階建ての3階部分のお部屋とシャワールームを使わせてもらいました。テントで寝るつもりだったので、シャワーやコンセントを使わせてもらえるだけでも、本当にありがたい。

全く見ず知らずの怪しい外国人2人を泊めてくれるなんて、なかなかできることじゃないと思う。自分も人に優しくしたい。

関連記事

コメント

よかったね!そしてやっぱり会うべき人に会えるものだと思うのだよねえ。世界のどこにいても。

一緒に旅してるようです

お天気大丈夫でしょうか?体調に気をつけて頑張ってくださいね!
ブログを拝見していて、一緒に旅をしているようです。偶然の出会いにへー!と驚き、人々の優しさにじ〜んとします。そして、美味しそうなものいっぱいでお腹がぐ〜っです。^ ^ これからの更新もワクワクしながら待っています。ファイティン!

やはりついてる人はついてるんですね(笑)

Re:

やっぱり出会いが素晴らしいね〜!台湾に来てゴンさんの知り合いに会えて良かった!

Re: 一緒に旅してるようです

Lululuさん、コメントありがとうございます!見守っていただいているようで、嬉しいです。Wi-Fiが繋がるところが少なくこれからはなかなかブログアップできなさそうです。

Re:

ユナーさん、私もついてますからね!
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR