食費がかさむ

【2014年12月22日】
歩行距離:東澳→南澳 14km
出費:417元

お寺の朝は早い。私達も車の少ないうちに蘇花公路を歩きたいのでちょうどいい。まだ薄暗い午前6時、挨拶をして出発。



まだまだこの危険な道が続いていると思うとうんざり…平日なのでダンプカーが多い。排気ガスと砂埃を浴びながら、とりあえず車に惹かれないように気を付けて歩くしかない。車からしても、こんなところを歩かれたら迷惑だろう。



長いトンネルを通った。ここは歩道のように1段高くなっていたので、まだ良かった。段差が無ければ危険過ぎる。トンネル内は2車線になっているので追い越しのためさらに加速する車が多い。ゴゴゴゴーと大きな音が響き、排気ガスと埃が吹き付けてくる。何kmあったのだろう?とてつもなく長いトンネルだった。



休まず3時間ほど歩き続け、南澳に到着。お花畑が広がるのどかな風景に心が癒されます。



南澳では滞在先が決まっているのだ~!南澳駅からすぐの「南澳自然田」。1年前にゴンさんが1週間滞在したことがあり、私も来たかった場所です。ここでは農作業を手伝う代わりに宿泊場所と食事を提供してもらえます。※要予約



私達2人の部屋です!部屋と呼べるほどでもないけど、屋根の下に寝られる幸せ!達は3泊する予定。明日から農作業に参加します。



歩いているせいもあるけど、台湾の食べ物がおいし過ぎて、食費がかさむ。出発前にファミマでパンとコーヒー39元。いつも2人で半分こです。



南澳に到着して、小籠包60元とスーラータン25元。





お昼は便當屋さんで、65元の便當と、サンマの蒲焼便當70元。



鰻の蒲焼が食べたいとずっと思っているけど、サンマの蒲焼も充分おいしい。



夜中にお腹が減り過ぎて、セブンイレブンへ。大乾麺50元と台湾おにぎり+バナナ牛乳49元。最近食べ物を選ぶ基準がカロリーの高そうな物になっている。



関連記事

コメント

頑張ってますね!!
いや~食費かさみますが体力勝負でですので仕方のない所ですよね
しかし台湾いいですね~
私の中の好感度めちゃアップです!!

危ない道が続くようだけど、交通事故には十分気をつけてね><!
台湾の食事美味しいよね~^^日本人の舌にすごく合う気がする!

Re:

ユナーさん、ありがとうございます。台湾で食べ過ぎて、帰る頃には太ってるかもしれないです!

Re:

azumiちゃん、もう嫌になってきたよ〜泣もっと車の少ない道を歩きたい!

トラックの道、くれぐれも気をつけてくださいね~大変かもしれませんが、終わったあとの達成感はたまらないかも?!がんばってください!あ、農作業は~ちょっといいな~羨ましいな~^^

Re:

Lululuさん、危ない道はヒッチハイクにしようかなんて話が出てるんですが…そうなっちゃったらごめんなさい。
農作業は思った以上にきつくて、歩くほうがましなんて思ってしまいます。でも良い仲間に出会えて、楽しい時間をすごしています!
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR