バイトをしてお弁当をゲット

【2015年1月17日】
歩行距離:楓港→枋山 11.3km
出費:178元

夜中じゅう風が強くて何度も目を覚まし、早く朝が来て欲しいと思った。やっと朝が来た。午前7時頃出発。

朝ごはんは饅頭2つと餃子、全部で50元。今日も節約するのだ!



この辺りは途中におもしろいものはあまりない。マンゴーの産地なのでマンゴーの季節ならいいのにな~!マンゴーの木にはまだ花が咲いているか小さな硬い実がついている。



今の季節は蓮霧(レンブ)と言う名のフルーツが道路脇の販売所で1箱200元ほどで売られている。

左手に見えている海は東海岸に比べると波は穏やか。南のリゾートは砂浜だったけど、この辺はまた石の海岸。



今は営業していない観光向けのお店が目立つ。廃墟も多いみたい。

海にせり出すように作られたテラスが素敵なカフェを見学させてもらう…ああこんな景色を眺めながらコーヒーを飲んでのんびりとしていたい。









お昼前に枋山に到着。



町に1つしかないんじゃないかという食堂では昼間っから人が集まりビールを飲んでいる。町の雰囲気が微妙に今までとは少し違う気がする。漁師町のせいかもしれない。それにこんな小さな町にお寺がやたらと多いのはなぜだろう?

酔っぱらい?人が変な場所に寝ていてなんか怖い。



小学校に行ってみたけど誰も居ないので、派出所へ。派出所裏の広場にテントを張らせてもらい、2時間ほどテントで昼寝。疲れていたしポリスに守られている安心感もあって爆睡した。

派出所に入った時に手錠をはめられている人を見た。いくら治安の良い台湾とはいえ、悪い人がいない訳ではないから怖い。



夕方頃から広場では宴会の準備が始まった。翌日は結婚式があるそうでこの日の夜は食事会。私達はテーブルセッティングや後片付けのお手伝いをした。







結構しっかりと働いた代わりにご飯を食べさせてもらい、さらにお弁当までいただきました!



関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR