シーフードが安くておいしい枋寮漁港

【2015年1月19日】
歩行距離:加祿→枋寮 12.4km
出費:513元

午前6時半頃、小学校を出発。まずは朝ごはん。最近は花生吐司(ピーナッツバタートースト)にハマっている。



ゴンさんはベーコンバーガー。



油麺。



今日は隣町の枋寮でカウチサーフィンの予定。

枋寮は魚の養殖池が多い。放し飼いの犬が吠えまくってくるので、精神的にかなり参る…いきなり吠えてくるから本当にびっくりするわ!



ホストとの待ち合わせまで時間があるので枋寮の町を散策。



図書館に寄って時間を潰すことに。図書館の職員さんからいただいたみかん、おいしい!



しらすと桜エビが有名な枋寮漁港へ。







市場にある食堂でお昼を食べます。魩仔魚焿(しらすスープ)30元、魩仔魚煎(しらすオムレツ)35元、(イカフライ)50元を注文。



イカと一緒にバジルを揚げてあります。衣がサクサクでおいしい。



置いてあった味付けコショウがおいしくて、イカフライに合う!



できれば他のメニューも試したい。この食堂ならどれを食べても間違いなさそう。





スーパーでパンとピーナッツバターを購入。メジャーなスキッピーのピーナッツバターは高いので、安い60元の方を購入。倍くらい値段が違うし、原産地インドと書かれていたけど、味は普通においしい。



タイのゲストハウス風の1室を提供してもらいました。久しぶりの室内で快適!



翌日はこの部屋を提供してくれたジャスティンが客家の町の観光に連れて行ってくれます。やった~!

関連記事

コメント

台湾も、バジルとかパクチーとか香草いっぱい使うんだね^^
シラスのスープとオムレツって!カルシウムいっぱいでいい感じやん。食べてみたいなぁ。

野犬には十分注意してね><

Re:

azumiちゃん、コメントありがとう!台湾って、日本食に似てるけど、時々日本では使わないハーブが入ってることがあるよ。私はパクチーが大好きだから、パクチーの使われた料理はおいしく感じる!台湾は大好きだけど、犬だけはやめて欲しい…

シラス~!!

海辺はやはり海鮮ものがおいしいですよね
シラスおいしいそうです
ちなみに日本では生シラスも売ってるんですが
台湾のそこでも売ってるのでしょうか?
刺身は日本だけかな?

Re: シラス~!!

ユナーさん、しらすおいしかったです。生のしらすは見ませんでした。ここから近い屏東の東港ではマグロが水揚げされるそうで、マグロの刺身もいただけるようです。他のお客さんのテーブルには刺身がありました。値段も高くないと思います。ここめっちゃおすすめです!
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR