陶磁器の街「鶯歌 」

龍潭からは自転車道が整備されています。とりあえず、陶磁器の街「鶯歌 」を目指す。



排気ガスもないし、自転車で渋滞することもなく、のどかな風景を見ながら歩く。暑い時期はさすがにキツそうだけど、今の時期は最高かもしれない。



ここから鶯歌までずっと川沿い。





鶯歌辺りまで来ると川の風景が独特。



鶯歌に到着!





トンネル型の橋を渡ると「三鶯陶花源」。大きな焼き物のオブジェが私達を出迎えてくれる。





お腹が減ったから何か食べたい。



とても賑わっていた「阿婆寿司」。



1パック40元くらいからなので買いやすい。





寿司を2パック、冷麺、茶碗蒸しを食べた。日本の寿司ではなく、韓国のキンパに近い。冷麺はおいしかった。



まだ宿泊場所が決まってないけど、鶯歌老街も見たい。

老街には陶磁器専門店が建ち並び、陶芸体験ができるところもある。



本当は焼き物が大好きだけど、どうせ欲しくても我慢しないといけないのと、ゆっくり見る時間がないので、指をくわえて老街を通り抜けた。絶対また来たる…



夜遅くなってから、お寺にテントを張らせてもらった。これが最後のテントだと思ったら、シャワーが浴びられないこともなんとも思わない。やっと明日は台北か!



関連記事

コメント

お疲れ様でした。
いままで色んな台湾人でも行ったことがない場所に行って凄いね。
お二人の新しい本の紹介を見ました。出されるまでお楽しみ!

いよいよ台北に近づいてきましたね!
なんとなく町並みが都会っぽく?なってきた感じがしてきましたね~
しかしmikiさんのブログで改めて台湾ってこんなところなんだって知りました。私のブログ仲間も結構台湾流行ってますがなんとなくわかるような感じです。
あともう少しでゴールですね
もうひと踏ん張り!楽しく旅を続けてくだいね(^_^)

Re:

Jaronさん、謝謝你。でもまだまだ台湾の行ってみたい場所がたくさんあります。今度はスクーターで一周してみたい!

Re:

ユナーさん、ありがとうございます。やっと台北に到着してリラックスしてますよ〜!
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR