ウッドデッキの作り方

私1人、日本に里帰り中。後からゴンさんが来るのを待っています。

友人のんちゃんが、ウッドデッキを作りたいとのこと。

のんちゃんはもっと大きいウッドデッキを作ろうとしたのですが、そんな大きいのを作るのは大変なので、畳1畳分くらいのを作りました。とりあえず1つ作ってみて、後から必要であればまた作って並べればいいのです。

材料を見に行ったカインズホームで、こんなものを発見。これはウッドデッキの足に使える。でも組み立ててあるものを買うより、材料を買って組み立てた方が安いので、同じようなものを作ることにします。

dabe6162038743b88575e1956fbc6be56c9db83.jpg

ホームセンターでは木材のカットもやってもらいます。その場で設計図を作成して、必要な長さにカットしてもらいました。使用する木材は、耐久性は謎だけど安価なホワイトウッド。

足に使う木材を以下のようにカット。カット代は1カット20円×6カットで、120円。同じ長さのものはまとめてカットしてもらいましょう。

「ホワイトウッド2×4」900mm×3本、400mm×6本
「ホワイトウッド1×4」900mm×4本
「ホワイトウッド垂木」822mm×1本

借りてきた電動ドライバーを使って組み立て。実は、この時ほぼ初めての電動ドライバーでしたが、結構簡単。電気の力は凄い。使用したビスはステンレススリムビス(50mmくらいの長さ)。

39be095652688c87d17c9fc600952b19149b60f.jpg

足の上に、カットしていない「ホワイトウッド2×4」を9枚並べ、ビス止めして完成。作成時間は1時間半くらい。次は1時間でできる自信あり!耐久性が気になるので、塗料を塗ったほうが良さそうです。

62524c4676cdaa82dd82005a8a3f2fa842a1c2a.jpg

ホワイトウッドがセールで安かったので、材料費の合計金額は5,000円ほど。ウッドデッキというよりは縁台ですが、のんちゃん大満足でした。

ナカミチのレジ前で100円で売られていたド派手な花柄パンツをお揃いで購入〜♪

4ef0dc3afc514e2966ab576e0eda28e6d2e58f4.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR