JINRO(ジンロ)で自家製あんず酒を仕込む

大家さんが、庭に大量にあるあんずの実であんず酒を仕込みなさいと言いました。

でも、私たちはお酒は飲まないし、あんず酒を仕込むための大きな瓶を持っていません。

大家さんは、使っていない瓶があるから使いなさいと、持って来てくれました。あ、ありがとうございます。

その瓶のサイズ?どでかいです。何十リットル?せっかくですから大家さんの期待に応えようと、焼酎と砂糖を買いにスーパーへ。

でも、砂糖も大量に必要だし、果実酒用の焼酎がとても高い。果実酒用の焼酎にはアルコール度数が25%や35%と記載されています。

小さな瓶で買い求めやすいチャミスルなど一般的な焼酎のアルコール度数はどうかな?ラベルを見てみたら、だいたい17~20%くらいのが多い。

で、日本でもおなじみの眞露(JINRO)はアルコール度数25%。これならいけそうやと思い、ジンロであんず酒を仕込んでみました。

瓶は無いので、ちょうど食べ切ったばかりの味付けのりの空き容器。プラスチックで大丈夫かな?

きれいに洗って水気を拭いたあんずと砂糖を容器に入れ、ジンロがちょうど1瓶分入りました。



大家さんには「お酒を少し仕込んで残りはジャムにしましたよ」と大きな瓶を返しました。

関連記事

コメント

手ずくり

少ない予算で常に手ずくりのアレコレをたのしむ暮らしに、いつも感心しています。それと、善意のおおやさんに「ジャム」の話までつくり?気をつかって不要となったビンを返す気づかい!。今朝は気分のいいレポートを読ませてもらい感謝ね。

Re: 手ずくり

敬助さん、ありがとうございます。あんず酒がうまく出来上がるかちょっと心配。あんずジャムも作りましたよ〜!
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR