昌信洞(チャンシンドン)の老舗冷麺店「駱山冷麺(ナクサンネンミョン)」

5年以上振りに、駱山冷麺(ナクサンネンミョン)へ。30年以上続く老舗冷麺店です。

地下鉄1・6号線東廟前(トンミョアプ)駅9番出口を出て直進、GS25がある角を左に曲がってすぐ、3差路の右側にあります。



駱山冷麺(ナクサンネンミョン)は、結婚前にゴンさんとデートで連れて来てもらったお店。そして、ゴンさんと元カノの思い出のお店。ゴンさんがどうしても久しぶりにこちらの冷麺が食べたいと言うので、やって来ました。本場の冷麺を初めて食べたから、その時はあまりおいしいとは思わなかったけど、今回はどうかな?



メニューはムルネンミョンのみで、辛さは4段階から選びます。
특냉면(大盛り)8,500ウォン
얼큰이(とても辛い)6,500ウォン
낙산냉면(普通の辛さ)6,500ウォン
덜매운냉면(あまり辛くない)6,500ウォン
순한냉면(辛くない)6,500ウォン
사리(麺追加)2,000ウォン



冷麺屋さんでは必ず提供されるユクス(牛肉スープ)ですが、冷麺がおいしいお店のユクスはやっぱりおいしいですね。



辛いのが苦手な私は、あまり辛くない덜매운냉면(トルメウンネンミョン)を注文。こちらの冷麺はキュウリの量が多いのが特徴。そして辛さの中に酸味も感じます。



量が多いので、私は全部食べ切れません。量が少なかったら、もっとおいしく食べることができるかも。初めて来た時と同じ味です。



あ!独島!



【駱山冷麺(ナクサンネンミョン)】
住所:ソウル特別市 鍾路区 昌信洞 81-8
( 서울특별시 종로구 창신동 81-8 )
電話:02-743-7285
時間:10:00~21:30(ラストオーダー21:00)
休業日:第1・3火曜日、旧正月・秋夕当日

関連記事

コメント

こだわるね~(=゚ω゚)ノ
多分、みきちゃんだけやと思うよw
元カノさんとの想い出ってこと~

量が多すぎると、旨さ半減よね・・・(*´з`)
もう一口食べたい!!
その余韻って大切♪♪

Re:

yukiちゃん、コメントありがとう!
元カノと行った店しか知らんのか!っていうね、毎回そうだからちょっとウケる。私、やきもち焼いてるみたい?
韓国で外食すると、まあだいたい量が多い。タイとか台湾は、ちょっとずつ注文できるのがいいよね。1番の良い点は安いってことね。

秘店?

最近、旅人があまり知らない温泉が「秘湯」とか呼ばれて、人気があるようですが・・う~ん、今回のみきちゃんレポートはレーメンの「老舗秘店」だな。とわしは喜んで拝見しました。

Re: 秘店?

敬助さん、コメントありがとうございます。観光客はあまり行かないとは思いますが、意外と検索すると情報出てくるんですよね。ここは情報ないだろうと思うような穴場も検索すると出てくるから、驚きますよ。
非公開コメント

検索フォーム

PR

プロフィール

miki

名前 : miki

好きなもの:旅行、古いもの、ハンドメイド、節約、変なもの、おいしいもの、市場

タイ・バンコクの安宿で出会った9歳年下貧乏韓国人ゴンさん(Park Kunwoo)とスピード結婚。結婚当時は夫婦共に無職、夫の全財産は約2万円でした。

2004年〜初めてのタイバックパック旅行でタイにはまり、東南アジアを中心に一人旅をするように。

2009年12月〜バンコクの安宿で、日本語ペラペラ9才年下の韓国人ゴンさんに出会い一目惚れ。プロポーズされ、約2週間交際。

2010年3月〜3ヶ月ぶりにゴンさんに会うため韓国へ。韓国で約3週間交際。35歳の誕生日に籍を入れることを目標に、2人で日本へ。

2010年4月〜日本に帰国した翌日、家族全員に紹介しないまま入籍。愛知県一宮で新婚生活がスタート。

2010年9月〜台湾、スリランカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、中国などの国々を夫婦で放浪。その後しばらく別居。

2011年12月〜ゴンさんはインドでガイドとして働くことになりインドへ。私も後からインドへ。

2012年3月〜ゴンさんが痔になり、急遽タイの病院へ。しばらくタイで静養生活。

2012年4月〜ゴンさんは韓国、私は日本へそれぞれ帰国し、しばらく別居生活。

2012年6月〜ゴンさんがソウルで勝手に物件契約。仕方なくアジアン雑貨店「南山アソーク」をオープン。

2012年12月〜南山アソーク閉店。夫婦でインド旅行。

2013年3月〜ゴンさんはニュージーランドへ。約半年間の別居生活。

2013年9月〜ついに韓国で部屋を借り定住。家賃は月23万ウォン。

2014年3月〜私達夫婦の出会いから結婚、放浪、貧乏生活などのエピソードが書籍に。韓国のソダン出版よりPark Kunwoo著「글로벌거지부부(グローバル乞食夫婦)」出版。

2014年6月〜ソウルに残るタルトンネ(貧民街)に引っ越し。家賃不要のチョンセ物件でのんびりとした生活が始まる。

2014年12月〜ソウルの寒さから逃れるため、約3ヶ月間、夫婦で台湾徒歩一周。

2015年3月〜Park Kunwoo著「글로벌거지부부」翻訳版が台湾で出版される。

2015年5月〜ゴンさんが韓国の大手旅行会社で添乗員として働きはじめ、貧乏脱出。

2016年5月〜ゴンさんは自由に生きることを選択、大手旅行会社を辞める。

2016年9月〜ゴンさんは添乗員、私はツアー客としてスペインサンティアゴ巡礼ツアーに参加。フランスのサン・ジャン・ピエド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約800kmの巡礼路を踏破。

最新記事

PR